J-PHONEからボーダフォンへ。思い返すとせつない、あの過渡期【発掘!15年前のJ-PHONEカタログ】

藤原紀香さんはもう登場しませんが、いろいろ発見があります。

およそ15年前に存在し、現在のソフトバンクへと移り変わっていった通信キャリア・J-PHONE。そのJ-PHONEについて当時配布されていたカタログから振り返っていく不定期コラムです。5回目となる今回は、J-PHONEが「ボーダフォン」へと変わりゆく2002年のカタログにたどり着きました。

 

2001年10月、当時隆盛をきわめていたJ-PHONEは英国Vodafoneグループの傘下に入ることに。ブランド名や端末はしばらく「J-PHONE」のままでしたが、カタログは2002年から一気に「ボーダフォン」色を強めていきます。

サッカーW杯まっただ中の2002年6月。「ムービー写メール」始まる

161106_J-PHONE_03

【2002年6月】のJ-PHONE総合カタログ(関東・甲信版)、表紙には中田英寿さんが登場。サッカーW杯が日韓共同開催されていた時期なので、まさに時の人です。しかし、長いこと“J-PHONEの顔”だった藤原紀香さんの姿がみられなくなったのは寂しいものがありますね……。

161106_J-PHONE_04

その時期で最大のトピックが掲載されているカタログ冒頭ページ。「つながりあえる、もっと。Vodafone」というメッセージが掲げられています。ブランドロゴは以後、J-PHONEとボーダフォンのダブルネーム式に変更。

161106_J-PHONE_05

次の見開きでは、端末の最新機能として「ムービー写メール」が紹介されています。「写メール」がすっかり定着し、今度は動画もメールで送れるようになりました(ただし動画といっても、当時はまだ数秒程度の簡易的なもの)。モデルのSHIHOさんが出てますね。

161106_J-PHONE_06

目次。「J-フォンの信じること。」というメッセージが載っています。ちょっとポエムっぽい抽象的な内容のページが増えてきた?

161106_J-PHONE_07

「世界で使えるケータイ」推しが特徴的だったボーダフォン。この冊子で、2002年6月1日から開始の国際電話サービスに関する案内がありました。

続いて端末のカタログです。

161106_J-PHONE_08

折りたたみ型のハイエンドモデル、シャープ製『J-SH51』。このとき、他社も含め“05”→“06”→“07”と続いてきた型番が一気に“51”の2ケタ台に上がったことで「次世代になった」という印象を受けました。ついにSDメモリカードに対応し、データのバックアップや(制限付きながら)MP3オーディオ再生などが可能になっています。モバイルカメラは31万画素で、ムービー写メールで送れるようになった動画は最大5秒間まで撮影可能。

なお、今回はその他の端末にデザイン以外の特徴があまりみられず、一挙にダイジェストでお送りします。

(画像はいずれもクリックで拡大)
161106_J-PHONE_09 161106_J-PHONE_10

東芝製『J-T51』、パナソニック製『J-P51』。

161106_J-PHONE_11 161106_J-PHONE_12

ケンウッド製『J-K51』、NEC製『J-N05』。

161106_J-PHONE_13 161106_J-PHONE_14

シャープ製『J-SH08』、ノキア製『J-NM02』。
 

そんな端末カタログの後にはサービス関連のページが続きます。

161106_J-PHONE_15

161106_J-PHONE_16

この頃はイメージキャラクターをあまり固定せずに色々な人たちがカタログに登場しますが、名前出し付きで一般の方がバンバン出てくるあたり……イメージ変わったな、という印象を強く受けます。

→Next Page
ベッカムが表紙を飾った、2002年12月のカタログも続けてご紹介!