もう迷わない。Windows 10のフォルダアイコンを変更しておけば目的のファイルがすぐに見つかる!

フォルダのアイコンを変更して、ひと目で別のフォルダと区別がつくようにする

ファイルの種類や目的などで分類したいときに便利なフォルダ。たまに「新しいフォルダー」という名前のまま使っている人もいますが、多くの人は「写真」とか「会社書類」などといったように、わかりやすい名前へと変更して使っているかと思います。

しかし、このフォルダの数が増えてくると、「大事なデータ」「大切な書類」「貴重なファイル」など、意味が似た名前のものが増えてきてしまいます。また、「ネイティブ」「ネガティブ」のように、パッと見ではどちらなのかわからない場合も……。

こういったフォルダも簡単に見分けがつくよう、特に重要なものはアイコンを変更してみましょう。変更方法は簡単で、フォルダを右クリックして「プロパティ」を選択。「カスタム」タブの一番下にある「フォルダーアイコン」で「アイコンの変更」をクリックし、あとは好みのフォルダーを選択するだけです。

なお、フォルダのアイコンは自分で用意したものを使うこともできます。そのときは「参照」ボタンを使って、アイコンファイルを指定しましょう。

win51-01
▲アイコンを変更したいフォルダを右クリックして、プロパティを呼び出したところ。「カスタマイズ」タブをクリックすると、「アイコンの変更」ボタンがあります。

win51-02
▲好みのアイコンを選んで「OK」ボタンをクリック。プロパティの画面で「適用」、もしくは「OK」簿t難を押せば変更完了です。

win51-03
▲アイコンを変更してみた例。ほかのフォルダと違うとひと目でわかるようになります。

【連載企画】 Windows 10を便利に使う秘技
その名の通り、「Windows 10」を快適に使うためのコツをお届けしていく連載企画。あなたのかゆいところに手が届く“秘技”があるはず! 知ってると自慢できるかも!?

 

関連記事

Windows 10を便利に使う秘技・連載まとめページ