磁力でピタッ!USB-CのMacBookシリーズでもMagSafeを再現するアイテム

新型MacBook Proに「MagSafe」の快適さが蘇ります!

アップルのノートパソコン「MacBook」ファミリーで採用されていた電源コネクタ「MagSafe」は、電気ポットなどの電源コードと同じように磁力によって接続するタイプだったので、万が一コードに足などを引っかけても本体が落下する心配は要りませんでした。ところが、昨年春に登場した「MacBook」(12インチモデル)以降、充電コネクタがMagSafeではなくなり、さらに先日発売された新型「MacBook Pro」もすべてのモデルがMagSafeからUSB Type-C形状のThunderbolt 3ポートに置き換わってしまったことで、残念に思っているMacユーザーは多いのではないでしょうか。

そんなあなたに朗報。このたび、米国のクラウドファンディングサイト「Kickstarter」に、USB Type-CをMagSafe風マグネットに変換できるコネクタ『Snapnator』が登場したのです!

USB Type-Cを「MagSafe風」に

0e05c917b7b1d8aeb7c51c439811015a_original

「MagSafeに変換する」といっても、従来の「MagSafe」コネクタがそのまま使えるわけではなく、USB Type-CポートとUSB Type-Cケーブルの間に磁力でくっつく小さなアダプタをかませることで、MagSafeに似た操作性を再現するものです。

MacBook本体の落下を防いでくれる上に「挿し込む」という煩わしさからも解放される使い勝手の良さは、従来のMagSafeの利便性を知っている人にとっては嬉しいところ。

最大100Wまで!15インチの新型MacBook ProもOK

6f44d93eae2816824b351f94452fb06b_original

実は、似たようなアクセサリーとして『BreakSafe Magnetic USB-C Power Cable』なるアイテムもすでに発売されているのですが、この製品では消費電力が60Wまでの対応となるため、87Wを必要とする新しい15インチのMacBook Pro(Late 2016)で使用することができなかったんですよね。この『Snapnator』なら100Wまでの電源供給に対応しているため、15インチモデルでも問題なく使えます。また、USB Type-C充電のデバイスなら新MacBook Proに限らず、他のメーカーのノートパソコンやChromeBook、Google Pixelなどでも使用可能なんだそう。

目標額を軽〜く突破してプロジェクト成立。今なら29ドルで手に入る

20c99ea4e2c790c29612e631a74282a3_original

なお、Kickstarterの『Snapnator』プロジェクトページでは、本稿執筆時点(2016年11月11日)において目標金額の2万5000ドルを軽く突破し、残り46日を残して11万9833ドルもの支援が集まっています。やはり、MagSafeの復活を望む人は世界中に大勢いらっしゃるようですね。リターンとして『Snapnator』を受け取れる支援プランは、執筆時点で29ドル(Standardキット)からとなっています。このほか、従来のUSB Type-AからUSB Type-Cへの変換アダプタ付きの「Bonusキット」(30ドル)やUSB Type-Cハブ付きの「Luxuryキット」(34ドル)、『Snapnator』が2組セットになった「Doubleキット」(58ドル)などの支援プランも用意されています。新型MacBook Proへの買い換えを考えているなら、『Snapnator』の導入もあわせて検討してみてはいかがでしょうか。

435d2a5b9b8b369675c0e735719df0aa_original

文/吉野ヤタロー

関連サイト

『Snapnator』プロジェクトページ

関連記事

MacBookでおなじみの「MagSafe」がスマホでも使えたらなぁ……
めんどうなスマホの充電を超ラクチンにしてくれる磁力式ケーブル『MagCable』