【レビュー】コンパクトな3500円のペンタブレット『HUION H420』が意外と悪くなかった件

サインやメモ書き、マーカー作業、図の作成がはかどる!

HUION H420
メーカー:Huion
製品ジャンル:入力デバイス(ペンタブレット)
実売価格:3500円

20161115H420-01

【連載企画】 ちょっと気になる“アレ”実際に試してみました!
DIGIMONO!スタッフが気になっていた製品を実際に試してみるレビューコーナー。定番デジタルグッズからちょっとした小物やサービスまで、ジャンルを問わず幅広く取り上げていきます。
are002

たまにくる署名必須の書類に悩む

普段PCの操作をするならキーボードとマウスで問題ないのですが、手書きの署名が必須の書類とか、イメージを伝えるのに図を見せたいとかいった場合に、「ペンタブレットがあればなー」と思うことがたまにあります。書類は印刷して署名してスキャナで取り込んで返送すればいいわけですが、なんか無駄なことをしている感がありますよね。

こういうときにペンタブレットがあれば便利だろうなと思うわけですが、ちゃんとしたメーカーのしっかりした製品は、結構お高め。絵を描くわけではないので、そこそこの精度で安いペンタブレットがないかなと探してみたところ、意外とあるものですね。それが今回試した『HUION H420』です。

20161115H420-02

これを選んだ理由は価格が第一ですが、手元に置いたままでもジャマにならないコンパクトなサイズだというのもあります。必要な時だけつないでもいいですが、どうせならつなぎっぱなしにして、普段から活用できればいいなという狙いです。本体は177×115mmで、ちょうど7型タブレットの液晶と同じサイズ。これなら机の上に置きっぱなしでも気になりません。

20161115H420-03
▲7型タブレットと並べてみるとこんな感じです。

ペン先の沈みは少し大きめだけど、追従性は良好!

ホバーでのカーソル移動やボタンでの右クリックといった機能は、多くのペンタブレットと同じ。ちょっと変わってるのが、ペンの後ろのボタンです。これ、消しゴムとかアプリ呼び出しとかじゃなくて、ペンの電源スイッチなんですよ。ノック式ボールペンみたいな感覚でオンオフできて、ペンの電池消耗を防いでくれる……のでしょうか。ペンは単4形電池1本で動作。ボタンの上から回すことで、簡単に交換できます。細身のペンに多い単6型電池(AAAA)は入手性が悪いだけに、ちょっと嬉しいポイントです。

20161115H420-04

もうひとつ変わっている……というか気になったのは、ペン先のあそびが大きいことと結構沈むことです。とくに沈み込みは1mm以上あるので、フカフカした感触があります。あと追従性はいいのですが、センサー部が上のほうにあるのか、ペンの傾斜で位置が結構ズレる点も注意が必要でしょう。とはいえ、描画中に線が小刻みにブレたりいきなり飛んだりといったことはありませんから、細部を書き込むイラストには厳しいとはいえ、手書き文字やメモ、ラフな図の作成用途なら十分です。

20161115H420-05A 20161115H420-05B

ドライバをインストールしなくてもそのまま使えるのですが、インストールするとボタン設定などを変更できるツールが使えるようになるので、必ずインストールしておきましょう。設定できるのはペンの2つのボタンの動作、筆圧感度、タブレットの作業範囲、本体の3つのボタンの動作などです。

20161115H420-06

20161115H420-07

例えば本体の3つのボタンに「Ctrl+Z」(元に戻す)、「Ctrl+Y」(やり直し)、「Ctrl+X」(切り取り)、「Ctrl+V」(貼り付け)あたりを設定しておけば、かなり作業効率がアップするでしょう。また、ペンタブレットを利用するアプリでよく使うショートカットを入れておくのもアリですし、スクロール用のボタンとして使うのも便利です。

「Windows Ink」のおかげで、ペンタブレットの出番が多くなった……かも

ペンタブレットをフル活用するならデジタルノートの「OneNote」を使うのがおすすめですが、ちょとしたメモやコメントを残したいだけなら、Windows 10のAnniversary Updateで追加された「Windows Ink」を使ってみましょう。例えば「付箋」を呼び出せば、手書きメモをデスクトップにペタペタ貼っておけます。また、「画面スケッチ」機能を使えばデスクトップのスクリーンショットに直接書き込んで、画像として保存が可能。ウェブページや資料などをデスクトップに開いて、そこにコメントを追加していきたいといった場合に便利ですよね。

20161115H420-08

20161115H420-09

メモをテキストファイルで保存したいというときは、タッチキーボードの手書き入力を使うのも手です。意外と認識率が高いので、電話をしながらのメモとかはこっちのほうが便利かもしれません。

20161115H420-10

ないと困るという必須デバイスではありませんが、あればあったで便利なのがペンタブレット。コンパクトなサイズのものでも1台あると、Windowsの使い方が意外と変わるものです。価格も安いので、お試し感覚で使ってみてはいかがでしょうか。

 

文/宮里圭介

関連サイト

『HUION H420』製品情報ページ(英語)