UCLAが作った「二足歩行する風船ロボ」の機動性がすごい! ただし…【動画】

ジャンプやダンスもできる二足歩行ロボ。ただし致命的な弱点が……。

カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)のロボット工学研究所「RoMeLa(= The Robotics & Mechanisms Laboratory)」が、ヘリウムが充填され浮力を持った風船のボディに二足歩行ロボットの脚部を取り付けたマシーン『BALLU』のデモンストレーション動画を公開しました。まさに針金のごとき極細の脚部を見ると不安になりますが、ボディの重量を支える必要がないのでこれでいいということなのでしょうね。たぶん。

ballu02

脚部の可動自由度がたった2カ所しかないにもかかわらず、非常に軽快な動きを可能にした『BALLU』。そのネーミング自体も「浮力によって補助された軽量な脚部ユニット」を意味する“Buoyancy Assisted Lightweight Legged Unit”に由来しているのだそう。このユニークなシステムを構成するアクチュエーター、通信機器、電源の大部分は脚部ユニットに内蔵されており、冒頭の写真のようにしっかりと直立することもできます。

ballu03 ballu04

ballu05 ballu06

風船の浮力によって安定性をアシストされた本機は、段差や階段の昇降、ダンスのステップを踏む、両足をそろえてジャンプをする、といった動作を軽々とこなします。さらには高所から飛び降りて二本足で着地するなんて離れ業までやってのけるほど。従来の人型ロボットにはなかった軽快な動きには、誰もがきっと驚くはず。将来的にはスケボーに乗ったり、まるで忍者のように水面を歩くといった動作にも挑戦するとのことです。

ballu07

しかし、そんな超・機動性を見せつける『BALLU』にも致命的な弱点が。ボディがふわふわ浮かぶ風船であることが仇となったのか、ちょっと風が吹くと飛ばされてしまうのだそう。そんなウィークポイントも含めてどことなく愛嬌のある『BALLU』の動きを楽しめる約3分の動画は下のリンクからどうぞ。

【YouTube動画】 BALLU: Buoyancy Assisted Lightweight Legged Unit
 

文/ワタナベダイスケ(編集部)

関連サイト

BALLU: Buoyancy Assisted Lightweight Legged Unit(YouTube)
RoMeLa (Robotics and Mechanisms Laboratory)

関連記事

衝撃の動画:フェンシング剣士 vs 自律回避プログラム入りドローン
サンタクロース、四足歩行ロボットにソリを引かせる【動画あり】
本当に動くしデカい! 「完全自動変形」トランスフォーマーをなめ回すように見てきた