法人向けだけど個人でも買えるって!頑丈すぎる「タフパッド」に指紋センサー付きスマホが登場

とにかく頑丈!「タフパッド」の新モデルスマホが登場

“頑丈さ”を追求したパナソニックの法人向け製品ブランド「タフブック」に、Andorid搭載スマホ『タフパッド FZ-N1(指紋センサー搭載モデル)』が追加されました。基本的には法人向けの製品ですが、今回は個人でも購入できるみたいですよ!

20161124TOUGHPAD001

『タフパッド FZ-N1(指紋センサー搭載モデル)』は、2016年2月に発売済みの『タフパッド FZ-N1(バーコードリーダー搭載モデル)』の基本的なスペックは継承しつつ、バーコードリーダーが指紋センサーへと変更されたモデル。耐落下1.8m&1mの高さからの連続落下2000回に耐える耐衝撃性、IP66/68準拠の防水・防塵性能、MIL-STD-810G準拠の耐振動性能を備えており、本機以上にタフなスマホはほかにないでしょう。

20161124TOUGHPAD004
▲背面上部に指紋センサーを備えています。

ちなみに、1mの高さからの連続落下2000回のテストは、下の動画のように行なっているそうです。これで何ともないってすげー!

さて、基本的なスペックは、4.7型液晶(1280×720ドット)、SoCが4コアの「MSM8974AB」(2.30GHz)、メモリが2GB、ストレージが16GB、OSがAndroid 5.1.1。最新のスマホと比べてしまうと正直スペックは劣りますが、『タフパッド FZ-N1(指紋センサー搭載モデル)』にはそれを補って余りあるタフさが魅力の製品。スペックで選ぶのは野暮ってもんです。

20161124TOUGHPAD002 20161124TOUGHPAD003
▲オプションでクレードルも用意。法人向けなので4台同時に充電できるクレードルも用意されています。

主なターゲットとしては、警備、消防防災など公共インフラの保全点検業務、物流業界の配達配送業務、土木・建設などのタフな工事現場業務とのことですが、個人で使うなら、スキーやスノボ、釣りなどのアウトドアスポーツで活躍してくれそうですね。また、耐振動性能も備えているので、バイクなどの乗り物で使うのにももってこいかもしれません。

20161124TOUGHPAD005
▲水滴が付いていても、手袋をしていても操作できちゃいます。

なお、法人向けの発売日は2016年12月9日。12月中旬からは直販サイト「パナソニックストア」でも販売され、直販サイトなら個人が1台から購入することもできるとのこと。想定売価は12万円台(税別)だそうです。

 

文/こばやしなおき(編集部)

関連サイト

『タフパッド FZ-N1(指紋センサー搭載モデル)』製品紹介ページ
パナソニックストア