Windows 10のパーソナルアシスタント機能「Cortana」は外貨の換算もしてくれるって知ってた?

電卓アプリを使わなくても素早く計算できちゃいます

消費税の計算や飲み会の会費計算など、ちょっとした計算で便利な電卓アプリがありますが、ほんのちょっとの計算をするだけなのに、アプリを起動しなくてはならないのは意外と手間です。ブラウザーを常時起動している人が多いだけに、検索サイトで計算しているという人も多いでしょう。

実はWindows10標準のパーソナルアシスタント機能である「Cortana」でも、このちょっとした計算ができるのです。やり方は簡単で、単純に検索ボックスへ数式を入れるだけ。入力するたびに計算してくれるので、結果の確認まで素早くできます。最後にEnterキーを押すと簡易的な電卓が表示されるので、カッコを使った計算なども可能です。

さらにCortanaの偉いところは、数字だけでなく為替計算もできること。たとえば「59.99ドル」もしくは「59.99USD」と入力するだけで、今の相場で59.99ドルが日本円でいくらなのかを教えてくれます。通貨はかなり多く対応しており、日本語だけでなく、アルファベットの略称も利用可能。台湾ドル(NTD)なんかも計算できますので、旅行前の為替相場確認に活用すると便利です。

win56-01
▲検索ボックスへ数式を入力するだけで、即座に答えを教えてくれるのが便利。ちょっとした計算に活用したい機能です。

win56-02
▲さらにEnterキーを押すと、小さな電卓が起動します。カッコを使った計算や直前に計算した式の編集なども可能。

win56-03
▲為替計算にも対応しているので、「59.99USD」と入力すれば日本円に換算してくれます。なお、「USD」は「usd」と小文字でも大丈夫。

win56-04
▲海外旅行などで渡航先の相場を知っておくと、旅行中の買い物や両替などで慌てなくてすみますよね。

なお、通貨ペアを指定した為替相場もチェックできます。単純に「EUR」とすると1ユーロが何円なのか表示されますが、「EUR/USD」とすれば、1ユーロが何ドルなのかを表示してくれます。

【連載企画】 Windows 10を便利に使う秘技
その名の通り、「Windows 10」を快適に使うためのコツをお届けしていく連載企画。あなたのかゆいところに手が届く“秘技”があるはず! 知ってると自慢できるかも!?

 

関連記事

Windows 10を便利に使う秘技・連載まとめページ