「眉毛を細く剃ってる人に“90年代か!”とツッコミを入れたい(笑)」(29歳/建築関係)

【第三回モテ×メンズグルーミング/女子座談会 Vol.3】

髪と眉のトーンはそろえないとヘン!?

前回に続き、美女たちに「第一印象は何で決まるのか?」を聞いてきました。初めて会う男性こそ、清潔感が大事だという彼女たち。髪型も含めた顔まわりの清潔感の話から、男性の眉毛について話題が波及。今回は、眉毛にまつわる女性の本音が飛び交います。その様子をご覧ください。

いくつになっても、結婚しても、やっぱり男はモテたいもの。下心の有無は置いといて、社内外の女性たちから好かれたい。そんなモテに直結する“メンズグルーミング=男の身だしなみ”について女性の本音を探るべく、またまた座談会を開いちゃいました。

【座談会メンバー】

0330
ユサさん(29歳/会社受付)

0291
ミホさん(29歳/建設会社勤務)

眉毛は時代を投影する!?鋭角なのは90年代か!

――前回の話から、髪型が顔の印象を大きく左右することがわかりました。ほかに気を付けるべきところはある?

ミホ:う〜ん、眉毛いじってるのはイヤだな。

ユサ:あ〜、眉が細いのとか眉山が鋭角なのはイヤかも。長さを整えるくらいでいいよね。

ミホ:うん。眉毛が繋がってるのはイヤだけど、いかにもいじってますってのはもっとイヤ。

ユサ:まぶたの毛は剃ってほしいけど、眉毛自体を細く剃るのはナイ。

ミホ:90年代か!(笑)

ユサ:野球部か!って(笑)

0108

――でも剃るのがダメなら、眉毛が太い人はどうすればいいの?

ユサ:剃ることがダメなんじゃなくて、細くしたり角度をつけたり、カタチを作りすぎるのがダメなの。

ミホ:そうそう、あくまでも自然に。だって私、どちらかというと太くて濃い眉毛が好きだし。

ユサ:私は眉毛濃いのはちょっとダメだけどね。

ミホ:え〜、濃いほうが凜々しくて男らしいじゃん! キリッとしてる眉かっこいい!

ユサ:それは女子の好みにもよるけどね。でも本当に整える程度でいい。

ミホ:そうだね。細く剃るのはありえない。

ユサ:とはいえモジャモジャもイヤ。ほどよい感じが理想。

0155

眉毛の形や濃さは第一印象を左右する

――(俺かなり濃い…泣)そんな眉毛の濃さなんて、持って生まれたものじゃない?

ミホ:そうなんだけど、顔の濃さや目のカタチとかにもよらない? 似合う似合わないもあると思う。

ユサ:流行りもあるしね。いまは女性の間で太眉が流行ってるけど、90年代とかは細眉が常識だったわけだし。

ミホ:あとは髪型とのバランスも大事。

ユサ:わかるかも。髪の色と眉毛の色が違いすぎると違和感あるよね。

ミホ:色や雰囲気は合わせたほうがいいかもね。

0194

――なるほど、髪と眉のトーンをそろえるべしと。勉強になります。

ミホ:茶髪や短髪の人が、真っ黒い太眉だと浮くから。

ユサ:うん、髪型だけじゃなく眉毛も大事。

ミホ:たまに眉毛が垂れるほど伸びっぱなしの人いるよね。あれは絶対ダメ。

ユサ:整えてないとオジサンくさく見えるし。

ミホ:眉も顔の一部だよね。眉毛の濃さやカタチで第一印象が変わってくるから。

まさか初対面の女性に、眉毛までチェックされているとは思ってもいませんでした。女性は普段から眉毛を描いたり整えたりしているため、眉に対する意識が高いようです。しかし男性は眉毛をほったらかしの人も多い。床屋の顔剃りで満足するのではなく、髪と同様に、定期的にしっかり整える必要があるんですね。とはいえ細く剃ったり、眉山に極端に角度をつけるのはNG。あくまでも自然に見えるようにケアしましょう。

次回は、これまでの座談会を総括。顔まわりのケアについて、第一印象で差がつくポイントをまとめます!(続く)

取材・構成/津田昌宏 撮影/会田秀人

関連記事

「髭も髪の毛もオシャレなのか、だらしないのかなんて見てすぐわかる(笑)」(29歳/建築関係)
「キメ過ぎなのもダメ。会社に何しに来てんの? 仕事しろよって思う(笑)」(29歳/受付嬢)
だからアナタは嫌われる!? イマドキ女子に聞いた「NGな男の体毛」決定版
悩んだら美女に聞け!「モテるオトコの清潔感」を左右する4つのポイント