さらば実物大ガンダム立像! お台場「ガンダムフロント東京」営業終了へ

今後のガンダム立像の行く末が気になります。

東京のお台場エリア、ダイバーシティ東京プラザにある「機動戦士ガンダムシリーズ」をテーマにしたエンターテインメント・スペース『ガンダムフロント東京』が、2017年4月5日をもって営業を終了することになりました。それにともない、同施設だけでなくダイバーシティ東京プラザならびに周辺地域のランドマークともなっていた「実物大ガンダム」こと『RG1/1 RX-78-2ガンダムVer.GFT』の展示も2017年3月5日までで終了となります。

なお、ガンダムフロント東京のWebサイトに掲載された告知には「現在準備中の新プロジェクトにつきましては、改めてお知らせさせていただきます」との記述もあり、同施設の営業終了後、なんらかの隠し球があると期待を持たせるような内容。

gundamfront02

実物大ガンダム立像については、2009年にお台場・潮風公園で初めて公開されて以来、これまでも静岡での展示や、分解状態でのパーツ展示が行われた経緯があり、今回の展示終了後もまた別のかたちで公開されることになるかもしれません。また、2019年を目指して実物大ガンダムを実際に動かそうというプロジェクト「ガンダム GLOBAL CHALLENGE」なる企画も進行中(関連記事)であることから、こちらに向けたなんらかの取り組みがあると考えることもできそうです。

なお、ガンダムフロント東京では、営業終了までの期間に「ガンダム立像・ガンダムフロント東京~LAST SHOOTINGキャンペーン~」を展開するとのこと。いったん見納めとなりそうな実物大ガンダム、せっかくなのでこの期間に合わせて見に行くのもいいかもしれません。キャンペーンの詳細は後日明らかになるとのことです。

文/ワタナベダイスケ(編集部)

関連サイト

ガンダムフロント東京

関連記事

富野由悠季、SUGIZOも参戦で燃え上がる“1/1ガンダムを動かすプロジェクト”
大量の初出しガンプラまとめ。写真特集「ガンプラEXPO2016 WINTER」【黄金のPGユニコーンからBB戦士まで】
これが2016年の新ガンダムだ!『ビルドファイターズ』&『鉄血のオルフェンズ』怒濤のガンプラ新展開が明らかに
これが日本のフィギュアの魂だ。ガンダム、マジンガーZ、ドラゴンボール、ポケモンまで最新作一同集結!【魂ネイション2016】