【2016冬 保存版】5大メーカー最新BDレコーダー完全まとめ

以前に比べると製品数はちょっと少なめ… しかし、まだまだ生活必需品という人も多いはずのレコーダー。現状のラインナップと選び方をまとめてみました。

BDレコーダー選びの基本チェックポイント

BDレコーダー選びの基本は「チューナー数」「ハードディスクの容量」を確認すること。特に大事なのは同時録画できる数を表すチューナー数です。初めて購入する人は「1チューナーで十分」と思うかもしれませんが、今は1チューナーのモデルは少なく、数千円の差で2チューナー以上のモデルが入手可能。あまり録画しないという人でも、番組の冒頭や末尾が数分でも同じ時間に重なるだけで録画に失敗してしまうので、チューナー数はケチらずに選びたいところです。

HDDの容量については、最小で500GB〜最大では7TBのものまで幅があります。ただ、現在は最小の500GBモデルでも足りなくなった場合にUSB HDDの増設が可能。以上を踏まえると、おすすめは1TB以上ですが、予算が厳しい場合は2チューナー&500GBのモデルから選べば大丈夫。逆に予算が許すなら、6万円台からでも買える3チューナー&2TBのモデルは安心感ありです。

自分好みのメーカーを見つけて、買いのモデルを絞り込む

より満足できるレコーダーを選ぶために大事なのは、自分好みのメーカーを見つけること。レコーダーは各社ごとにメニュー画面の使いやすさ、番組表の見やすさ、操作のレスポンスなどがまったく違うもの。できれば実際に店頭で触って、ストレスが少ないものを確認してみてください。

ここからは、各社の打ち出している特徴と最新モデル動向をチェックしていきます。

シャープ「AQUOSブルーレイ」最新モデルまとめ

ドラマ番組に特化した自動録画機能「ドラ丸」を全機種に搭載するシャープ。一般的な自動録画機能よりもさらに手間を省いて特定ジャンルだけ録画・再生できるようにした割り切りが好評です。このほかシリーズ共通の特徴が、デジタル放送の字幕や副音声などを失わずに同時記録できること。これを応用した機能として、『BD-NW2100』以下の5製品では非常に珍しい「字幕全文表示」にも対応しています。

161200_BDRec_02 161200_BDRec_03
▲シャープの2チューナー/500GBモデル『BD-NW510』。アナログ映像入力、有線LAN接続に対応。

シャープの最新モデル一覧

【共通】キーワード自動録画:対応 USB HDD増設:対応 宅外リモート視聴:対応

BD-NT3000 実勢価格:10万2500円 チューナー:×3 内蔵HDD:3TB
BD-NT2000 実勢価格:6万7000円 チューナー:×3 内蔵HDD:2TB
BD-NT1000 実勢価格:5万5200円 チューナー:×3 内蔵HDD:1TB
BD-NW2100 実勢価格:7万5300円 チューナー:×2 内蔵HDD:2TB
BD-NW1100/WW1100※ 実勢価格:6万6000円 チューナー:×2 内蔵HDD:1TB
BD-NW510 実勢価格:5万6600円 チューナー:×2 内蔵HDD:500GB
BD-NS510 実勢価格:5万1800円 チューナー:×1 内蔵HDD:500GB
※『BD-WW1100』は本体色違い(ホワイト)のバリエーションモデル。

ソニー ブルーレイディスクレコーダー最新モデルまとめ

BDレコーダーとして特別なブランド名を設けていない“ソニーのブルーレイ”。2016年春モデルで大リニューアルが行われ、長年使われてきた「プレイステーション」系のUI(クロスメディアバー)から、使う機能にたどり着きやすいメニュー画面構成に変化。ラインナップ4製品はチューナー数、HDD容量以外はほぼ共通の仕様に。

161200_BDRec_04 161200_BDRec_05
▲ソニーの2チューナー/500GBモデル『BDZ-ZW500』。アナログ映像入力、無線/有線LAN接続に対応。

ソニーの最新モデル一覧

【共通】キーワード自動録画:対応 USB HDD増設:対応 宅外リモート視聴:対応

BDZ-ZT2000 実勢価格:7万5200円 チューナー:×3 内蔵HDD:2TB 【→レビュー】
BDZ-ZT1000 実勢価格:6万2500円 チューナー:×3 内蔵HDD:1TB
BDZ-ZW1000 実勢価格:5万1600円 チューナー:×2 内蔵HDD:1TB
BDZ-ZW500 実勢価格:4万700円 チューナー:×2 内蔵HDD:500GB

東芝「REGZAブルーレイ」最新モデルまとめ

チャプターの自動スキップや1.3倍速再生などの併用による“時短”再生を強化した東芝の最新モデル。製品型番の末尾が「7」の4製品ではリモコンに「時短」ボタンを用意し、録画番組をより効率的に見られるように工夫しています。最上位の2製品は時短機能に対応しないかわりに、全録機能「タイムシフトマシン」に対応。

161200_BDRec_06 161200_BDRec_07
▲東芝の2チューナー/500GBモデル『DBR-W507』。アナログ映像入力/出力端子は非搭載。有線LAN接続に対応。上位機よりもボタンが少なめのシンプルなリモコンを採用している。

東芝の最新モデル一覧

【共通】キーワード自動録画:対応 USB HDD増設:対応 宅外リモート視聴:対応

DBR-M590※ 実勢価格:16万4400円 全録モデル(最大9チャンネル) 内蔵HDD:6TB
DBR-T670 実勢価格:8万6200円 全録モデル(最大3チャンネル) 内蔵HDD:3TB
DBR-T2007 実勢価格:8万3700円 チューナー:×3 内蔵HDD:2TB
DBR-T1007 実勢価格:7万2900円 チューナー:×3 内蔵HDD:1TB
DBR-W1007 実勢価格:6万2100円 チューナー:×2 内蔵HDD:1TB
DBR-W507 実勢価格:5万5600円 チューナー:×2 内蔵HDD:500GB
※2015年発売モデル

パナソニック「ディーガ」最新モデルまとめ

現行メーカーの中では製品ラインナップがもっとも多いパナソニック。その種類は大別すると4K/HDR映像を収録するUltra HDブルーレイ再生対応モデル、全録機能対応モデル、レギュラーモデルの3系統。6チューナー搭載のレギュラーモデル(全録ではない)という珍しい機種もあります。いずれの機種でも長時間モードの品質が高めで、HDD容量を節約しやすいのがシリーズ共通の特長。

161200_BDRec_08 161200_BDRec_09
▲パナソニックの2チューナー/500GBモデル『DMR-BRW510』。アナログ映像入力、有線LAN接続に対応。最新機種『BRW520』の1世代前のモデルながら、基本性能には大きな遜色なし。

パナソニックの最新モデル一覧

【共通】キーワード自動録画:対応(『DMR-BRS520』『DMR-BRS510 』を除く) USB HDD増設:対応 宅外リモート視聴:対応

Ultra HDブルーレイ再生対応モデル
DMR-UBZ1※ 実勢価格:26万9000円 チューナー:×3 内蔵HDD:3TB 【→レビュー】
DMR-UBZ2020 実勢価格:9万7700円 チューナー:×3 内蔵HDD:2TB
DMR-UBZ1020 実勢価格:8万8700円 チューナー:×3 内蔵HDD:1TB

全自動(全録対応)モデル
DMR-BRX7020 実勢価格:15万5300円 全録:最大10チャンネル 内蔵HDD:7TB 【→レビュー】
DMR-BRX4020 実勢価格:10万5300円 全録:最大6チャンネル 内蔵HDD:4TB
DMR-BRX2020 実勢価格:6万7500円 全録:最大6チャンネル 内蔵HDD:2TB

レギュラーモデル
DMR-BRG2020 実勢価格:6万6000円 チューナー:×6 内蔵HDD:2TB
DMR-BRZ1020 実勢価格:6万9400円 チューナー:×3 内蔵HDD:1TB
DMR-BRW1020 実勢価格:5万8800円 チューナー:×2 内蔵HDD:1TB
DMR-BRW520 実勢価格:5万600円 チューナー:×2 内蔵HDD:500GB
DMR-BRS520 実勢価格:4万4200円 チューナー:×1 内蔵HDD:500GB
DMR-BRW1010※ 実勢価格:5万8100円 チューナー:×2 内蔵HDD:1TB
DMR-BRW510※ 実勢価格:3万8100円 チューナー:×2 内蔵HDD:500GB
DMR-BRS510※ 実勢価格:3万4100円 チューナー:×1 内蔵HDD:500GB
※2015年発売モデル

マクセル「アイヴィブルー」最新モデルまとめ

ラインナップは2製品と少ないながらも、際立って個性が強いのがマクセルの「アイヴィブルー」。最大の特徴はカセット型HDD「iV」(別売り、最大1TB)への対応。従来のレコーダーのUSB HDDに比べ気軽に付け外しができること、容量不足を心配せずに使いやすいことがメリットとして挙げられます。上位機種では「iV」スロットが2つになるため、「iV」どうしのダビングも可能に。

161200_BDRec_10
▲マクセルの2チューナー/1TBモデル『BIV-WS1100』。アナログ映像入力/出力、有線LAN接続に対応。

マクセルの最新モデル一覧

【共通】キーワード自動録画:対応 USB HDD増設:非対応 宅外リモート視聴:非対応

BIV-TW1100 実勢価格:6万4400円 チューナー:×3 内蔵HDD:1TB iVスロット:×2
BIV-WS1100 実勢価格:6万1600円 チューナー:×2 内蔵HDD:1TB iVスロット:×1

※実勢価格は2016年12月2日時点、編集部調べ。

文/柳 雄大(編集部)

関連サイト

シャープ「AQUOSブルーレイ」Webサイト
ソニー「ブルーレイディスクレコーダー」Webサイト
東芝「REGZAサーバー」「REGZAブルーレイ」Webサイト
パナソニック「ディーガ」Webサイト
マクセル「アイヴィブルー」Webサイト

関連記事

BDレコーダー買い替えの前に知っておきたい「データお引っ越し」の話
【2016夏 保存版】5大メーカー最新4Kテレビ完全まとめ