ちょっとした写真や動画ならWindows 10標準の「カメラ」で撮影するのが楽ちんだって知ってた?

本体内蔵やUSB外付けのWebカメラで写真・動画が撮りたい!

ノートPCなどに搭載されているWebカメラは、ビデオチャットなどに活用するための機能。とはいえ実は、普通に写真や動画撮影もできます。そのためのWindows 10標準アプリが、その名もズバリの「カメラ」です。

おまけのような印象を受けますが、自動顔認識、タイマー撮影、コマ撮り、フルHD動画撮影、ちらつき低減など、意外と高機能。スマホのカメラ機能ほどではないにしろ、それに近い感覚で利用できます。左上のアイコンからカメラの切り替えもできるので、背面カメラを搭載したタブレットPCなら風景や小物撮影までできてしまいます。

資料に入れる写真やSNSにアップする写真を手早く撮影したい、といったときに活躍してくれるでしょう。

win59-01
▲カメラアプリの配置は、スマホ用のカメラと非常に似ています。中央右の大きなボタンで撮影、そのすぐ右上のボタンで動画撮影への切り替え、右上のボタンで設定、左上のボタンでカメラの切り替え、上部中央のボタンでタイマー撮影などができます。

win59-02
▲設定画面では、写真の縦横比、コマ撮り、ビデオ録画の解像度設定などが選択可能。設定は少ないですが、よく使う機能はしっかり押さえられている感じです。

win59-03
▲複数のカメラがある場合、左上のボタンから切り替えられます。ボタンを押すと下部中央に短い時間カメラ名が表示されるので、どのカメラで撮影しているのかわかります。

【連載企画】 Windows 10を便利に使う秘技
その名の通り、「Windows 10」を快適に使うためのコツをお届けしていく連載企画。あなたのかゆいところに手が届く“秘技”があるはず! 知ってると自慢できるかも!?

 

関連記事

Windows 10を便利に使う秘技・連載まとめページ