【ポチる前に確認】『Kindle Paperwhite マンガモデル』も8480円!年末セール中の Amazon電子書籍リーダーはどれが買い?

何かしょっちゅう激安セールやってない……? しかし今回もとりわけ安い。

Amazon.co.jpの年末セール「Cyber Monday Week」が12月6日(火)よりスタートしました。12日(月)までの7日間限定で、さまざまな商品のセールが実施され、数量限定セールやAmazonプライム会員限定のセールも多数予定されています。

このセール初日から話題を呼んでいるのが、Amazonプライム会員限定のKindle(電子書籍リーダー)大幅値引き。それぞれ専用のクーポンコード適用により、フロントライト搭載モデルの『Kindle Paperwhite』が最大約51%オフ、スタンダードモデルの『Kindle』は約61%オフという激安価格で購入することができます。

161206_Kindle_03

発売されたばかりの『Kindle Paperwhite マンガモデル』も大幅値引き中

今回のKindle(電子書籍リーダー)大型セールの対象となっているのは、『Kindle』『Kindle Paperwhite』『Kindle Paperwhite マンガモデル』の3製品。このうち『Kindle Paperwhite マンガモデル』は今年10月に発売されたばかりの最新機種。

161206_Kindle_05

本製品の基本仕様は『Kindle Paperwhite』と同じですが、データ容量の大きい漫画本をたくさん保存できるよう内蔵ストレージを従来比4倍の32GBとした日本限定モデルです。ストレージ容量の上昇に対してコスパは高く、今回のセールで値引き後の価格差はわずか1500円。これほど小さな価格差であれば、漫画利用中心ではないユーザーでも『マンガモデル』を選んでおいて損はないでしょう。

161206_Kindle_07 161206_Kindle_08

Kindleの画面はいずれも文庫本ぐらいの大きさの6インチで、画面には電子ペーパーを採用。スマホやタブレットとは異なり、1回の充電で数週間はもつというスタミナが大きな特長になっている。(写真はいずれも『Kindle Paperwhite』のもの)
Kindleの画面はいずれも文庫本ぐらいの大きさの6インチで、画面には電子ペーパーを採用。スマホやタブレットとは異なり、1回の充電で数週間はもつというスタミナが大きな特長になっている。(写真はいずれも『Kindle Paperwhite』のもの)

Kindle現行モデルを比較。値引き後価格は3480円から

161206_Kindle_02

この機会に、Kindle各モデルの違いについてもおさらいしておきましょう。もっとも低価格な無印『Kindle』はライトを内蔵せず、解像度も167ppiと低めに設定されたモデル。その他はいずれもフロントライト(画面の表面を照らすタイプのライト。目に向けて光を当てる液晶のバックライトよりも目が疲れにくい)を内蔵しています。

Kindle(価格:8980円)
クーポンコード適用で5500円(約61%)OFF=3480円
画面サイズ:6インチ(167ppi) 内蔵ライト:なし 重量:161g ストレージ:4GB

Kindle Paperwhite(価格:1万4280円)
クーポンコードで7300円(約51%)OFF=6980円
画面サイズ:6インチ(300ppi) 内蔵ライト:あり 重量:205g ストレージ:4GB

Kindle Paperwhite マンガモデル(価格:1万6280円)
クーポンコードで7800円(約48%)OFF=8480円
画面サイズ:6インチ(300ppi) 内蔵ライト:あり 重量:205g ストレージ:32GB

Kindle Voyage(価格:2万3980円)
画面サイズ:6インチ(300ppi) 内蔵ライト:あり 重量:180g ストレージ:4GB

Kindle Oasis(価格:3万5980円)
画面サイズ:6インチ(300ppi) 内蔵ライト:あり 重量:131g ストレージ:4GB

※価格、スペックはいずれもWi-Fiモデルのもの。

なお、現状「Cyber Monday」セールでの大幅値引き対象となっていない上位2製品は、ページめくり用のボタン、内蔵ライトの明るさ自動調整機能、本体の軽量化などで差別化した高級モデルとなっています。

『Fire タブレット』も4000円引きクーポンでセール中

ちなみに、電子書籍サービスのKindleは当然ながら通常のスマホ&タブレットアプリでも読むことができます。電子書籍用に格安タブレットを検討するなら、Amazonの『Fire タブレット』もチェックしておきましょう。

161206_Kindle_04

『Fire タブレット』は7インチモデルが8980円(8GB)〜1万980円(16GB)、HD解像度の8インチモデルが1万2980円(16GB)〜1万5980円(32GB)となっており、もともと値引きがない状態でも激安の端末。この『Fire タブレット』にも現在値引きクーポンが用意されており、値引額はいずれのモデルも4000円となっています。

電子ペーパーやフロントライトのメリットがない代わりに、漫画や雑誌がカラーで読めるのはモノクロのKindle端末に対してのアドバンテージに。またmicroSDカードで容量を確保&Kindle本を大量に保存できるのも特長です。このあたりはお好みで選んでみてください。

ちなみに、Cyber Monday(サイバーマンデー)とは本来、米国でオンラインショッピングの売上が急増し、ネットショッピングが1年で特に盛り上がる“感謝祭(11月の第4木曜日)休暇明けの翌月曜日”のこと。日本のAmazonでも12月の第2月曜日をサイバーマンデーとしており、2016年は12月12日(月)がその日にあたります。

文/柳 雄大(編集部)

関連サイト

Amazon.co.jp: Kindleクーポンキャンペーン: Kindleストア
Amazon Cyber Monday サイバーマンデー 2016

関連記事

準備はOK?年に一度の祭りだ。Amazon「プライムデー 2016」が7月12日0時スタート!
脱・オッサン仕様!一番安いKindleが軽く、薄く、丸く、色白に
最薄部3.4mm! 電子書籍リーダー『Kindle Oasis』の使い勝手は?