買いか待ちか。4K&有線LAN対応で“本気の動画プレイヤー”になった『Chromecast Ultra』を検証!

『YouTube』、『dTV』や『Netflix』をテレビで快適に観るために!

Google「Chromecast」シリーズの新製品となる『Chromecast Ultra』の国内販売がスタートしました。現行の『Chromecast』に対して、4K出力とHDRに対応し、処理性能を高めた上位モデルとなります。価格は9720円で、取り扱いはGoogleストア、コジマ、ソフマップ、ビックカメラ、ヤマダ電機、楽天など。

161211_Chromecast_08

4K対応をはじめスペックが向上していますが、本製品でできることは『Chromecast』と基本的には同じ。HDMI端子のあるテレビやディスプレイと接続しておき、スマホ、タブレットやPCのネット動画を受信、表示できるというものです。映像の操作はスマホなど送信側のデバイスから行う仕組み。

161211_Chromecast_12

主な使い方としては、『YouTube』あるいは『dTV』や『Netflix』などの動画ストリーミングサービスをスマホ・テレビの双方で切り替えながら楽しむというのが一般的。このほか、スマホの画面をそのままミラーリングすることもできるので、写真や地図などをテレビに表示することも可能。

対応OSおよびデバイスはAndroid 4.1〜、iOS 8.0〜、Mac OS X 10.9〜、Windows 7〜となっており、iPhoneなどアップル製品でも使えます。

ケーブルは増えるけど… 有線LANに対応したのは正解!

本製品の実機を借りることができたので、内容をざっくりチェックしてみました。

161211_Chromecast_02

161211_Chromecast_03

ネット動画サービスのロゴが多数並ぶパッケージ。これを見ればだいたい使い方がイメージできますね。

161211_Chromecast_05

本体のほかに同梱されているのは電源ケーブルとアダプターのみ。しかしこのアダプターが本製品では重要な役割を果たすことになります。

161211_Chromecast_04

本体背面にはHDMIケーブルがマグネットで貼り付いており、テレビに接続するときはこれを外して使います。

161211_Chromecast_06

電源ケーブルをmicro USB端子に接続。そして電源アダプターをよく見るとLANポートが付いていることがわかります。『Chromecast Ultra』ではWi-Fiのつながりやすさもアップしていますが、映像伝送をより安定させたい場合には有線LANも接続できるようになりました。

「Chromecast」といえばワイヤレスで使うイメージが強いですが、高画質の動画をストレスなく再生したいなら有線接続は非常に安心できるもの。高解像度の4K動画ならなおのことです。実際に有線接続で使ってみたところ、無線で使用したときは時折コマ落ちしてしまったり、再生中に切断されてしまったりしていた動画でもかなりスムーズに観られました。無線LAN・有線LANの両方に対応していることは、『Chromecast Ultra』最大の魅力と言ってもいいかも。

Amazon Fire TVシリーズと比較。4Kプレイヤーとしては低価格が魅力に

『Chromecast Ultra』購入の検討のために、機能の近い製品と比較してみました。4K非対応の『Chromecast』(2016年モデル)は無線LANのみ対応となりますが、価格は約半分まで下がります。

161211_Chromecast_08 161211_Chromecast_09

Chromecast Ultra(価格:9720円)
4K:対応 ネット接続:無線(802.11ac)/有線 リモコン:なし

Chromecast(2016年モデル)(価格:4980円)
4K:非対応 ネット接続:無線(802.11ac) リモコン:なし

ちなみに、4K対応/非対応でラインナップを分けているテレビ用デバイスといえば『Amazon Fire TV』が思い浮かびます。価格設定も結構似ていますが、こちらはそもそも「スマホの画面をテレビに映すもの」ではなく単体で動作するもの。いずれもリモコンが付属しています。

161211_Chromecast_10 161211_Chromecast_11

Amazon Fire TV(価格:1万1980円)
4K:対応 ネット接続:無線(802.11ac)/有線 リモコン:付属(音声認識対応)

Fire TV Stick(価格:4980円)
4K:非対応 ネット接続:無線(802.11a/b/g/n) リモコン:付属

同価格の『Chromecast』と『Fire TV Stick』では、単体で気軽に使えるぶん『Fire TV Stick』のほうが優勢といったところですが、『Chromecast Ultra』は4Kに対応しつつも1万円を切る安さが魅力に。最近では6万円台で買えるものもあるなど、超低価格になった4Kディスプレイと組み合わせて使うと非常にコスパが良さそうです。

左から、初代『Chromecast』、『Chromecast Ultra』、『Fire TV Stick』(+専用リモコン)。
左から、初代『Chromecast』、『Chromecast Ultra』、『Fire TV Stick』(+専用リモコン)。

文・撮影/柳 雄大(編集部)

関連サイト

Google Japan Blog: 4K 対応Chromecast Ultra でホームエンターテイメントをもっと楽しく
Google Chromecastシリーズ製品情報

関連記事

手持ちのテレビで見放題サービスを。“スマートテレビ”デバイス、どれを選ぶ?
今更ながら超便利。Android 5.0とChromecastの最強コンビが◎!
発売目前の『Amazon Fire TV』を体験! どっちのモデルが買いか確認してきました
50V型4Kが6万円!テレビチューナーなしで激安を実現するDMMの大画面ディスプレイ