やっぱりIEがいいなあ、という貴方に。Windows 10で既定のブラウザを「Edge」から「Internet Explorer」にする技

Microsoft Edgeだとうまく開けないサイトが多いと感じる人にもおすすめです

Windows 10の目玉機能のひとつである「Microsoft Edge」。起動や動作が軽いブラウザとして開発され、実際、多くのサイトで表示が高速化するだけに、重宝している人も多いでしょう。しかし、ActiveXなど古い技術に対応しておらず、サイトによってはうまく表示ができない場合もあります。本来であればサイト側に対応してもらいたいところですが、対応してもらえるまでアクセスしない……というわけにもいきません。

こういった場合は「Internet Explorer」を起動してURLをコピー&ペーストすることでアクセスできますが、よくアクセスするサイトの多くが表示できず、毎回この手間をかけるのが面倒だというのであれば、既定のブラウザをMicrosoft EdgeからInternet Explorerへと変更してしまうのも手です。

やり方は簡単で、「設定」の「システム」で「既定のアプリ」を選び、「Webブラウザー」を変更すればいいだけ。これで、メールなどに記載されたURLをクリックした場合に、Internet Explorerで開くようになります。

win62-01
▲「設定」の「システム」で「既定のアプリ」を選ぶと、メールやビデオプレーヤーと一緒に「Webブラウザー」の項目が並んでいます。これをクリックするとアプリの選択となるので、「Inetrnet Explorer」を選択しましょう。

win62-02
▲推奨外のアプリとなるため、確認画面が出ます。「強制的に変更する」を選ぶことで、変更が可能です。

 とはいえ、Microsoft Edgeの高速性は一度味わうと捨てがたいのも事実。既定のブラウザは変更せずにInternet Explorerをタスクバーへピン留めしておき、使いたいときだけ手早く起動できるようにしておくのも手かもしれませんね。

win62-03
▲ブラウザを用途によって使い分けるのであれば、タスクバーへのピン留めで複数のブラウザをすぐに起動できるようにしておくと便利です。

【連載企画】 Windows 10を便利に使う秘技
その名の通り、「Windows 10」を快適に使うためのコツをお届けしていく連載企画。あなたのかゆいところに手が届く“秘技”があるはず! 知ってると自慢できるかも!?

 

関連記事

Windows 10を便利に使う秘技・連載まとめページ