インターネットがおそーい!Windows 10で無線LANが遅い場合に確認すべき項目

無線LANが遅いと感じたら……まずはリンク速度から確認してみよう

たった数MBのファイルダウンロードなのに、完了までの残り時間が1時間以上……。こんなとき、「インターネットが遅い」とボヤくのはよくあることです。遅くなる原因はファイルサーバやプロバイダ、光回線の混雑といった外的要因も考えられますが、実は、本当に遅いのは家の中だということもあります。外部を疑う前に、まずは家の環境確認から始めてみましょう。

特に速度が低下しやすいのがWi-Fi、つまり無線LANです。無線LANは目に見えない電波を利用するだけに確認が難しく、とりあえずつながっていればオッケーだと考えがちですが、それだけにボトルネックになっていても気づかないことが多い部分。まずは電波の強さとリンク速度を確認し、本来の速度で接続できているか確認しておきましょう。

win63-01
▲通知領域のネットワークアイコンをクリックし、表示された画面で「ネットワーク設定」をクリックします。

win63-02
▲「Wi-Fi」設定の画面となるので、ここで「アダプターのオプションを変更する」をクリック。

win63-03
▲アダプタ一覧が表示されるので、無線LANのアダプタ(ここではGW-450D)をダブルクリックします。

win63-04
▲すると接続中の「速度」や「シグナルの状態」が表示されます。この「速度」がリンク速度、「シグナルの状態」が電波強度の表示です。この数値やバーが異常に低くなっていないかを確認しましょう。

なお、このリンク速度が確認できる状態画面で「詳細」をクリックすると、IPアドレスやDNS、デフォルトゲートウェイといったネットワーク接続の状況確認ができます。IPアドレスなどを個別に調べたい、といったときにも活躍してくれますね。

win63-05
▲「詳細」ボタンを押すと「ネットワーク接続の詳細」が表示され、IPアドレスなどが確認できます。

【連載企画】 Windows 10を便利に使う秘技
その名の通り、「Windows 10」を快適に使うためのコツをお届けしていく連載企画。あなたのかゆいところに手が届く“秘技”があるはず! 知ってると自慢できるかも!?

 

関連記事

Windows 10を便利に使う秘技・連載まとめページ