東京メトロがあの『メガホンヤク』導入! メガホン型音声翻訳サービスで年末年始の混雑に対応

まさに「リアルほんやくコンニャク」。駅構内で使ってる様子が見られるかも!

東京メトロが、パナソニックのメガホン型多言語音声翻訳サービス『メガホンヤク』を12月31日から導入することを発表しました。『メガホンヤク』は、メガホン型の翻訳機を使って音声入力した日本語を英語・中国語・韓国語に翻訳して大音量で再生してくれる法人向けサービス。発表当初より「ドラえもん」のひみつ道具みたいということで話題になっています。

メガホンに向かって話すだけで音声翻訳

002-2

『メガホンヤク』の使い方は、ボタンを押しながらメガホンに向かって日本語で話しかけるだけ。再生ボタンを押せば、自動翻訳機能を介し日本語を含む英語・中国語・韓国語の4カ国語の機械音を再生してくれます。頻繁に活用される300の定型文がプリセットされており、クラウドサービスを使って定型文の管理・更新やソフトウェアアップデートが可能。

今後さらに増えるであろう訪日外国人観光客へ対応する交通機関やイベント会場などで使われることを想定されているだけあって、80デシベル程の騒音下でもOKの高性能な音声認識機能を搭載、防塵・防水設計など、緊急時や災害現場でも安心して使えるなど細やかな配慮もなされています。

まずは年末年始に浅草駅・明治神宮前駅で運用!

サービス提供が始まったばかりの『メガホンヤク』ですが、このたび東京メトロが導入を発表。2016年12月31日〜2017年1月3日は年越しや初詣で混雑が予想される東京・浅草駅と明治神宮前駅で運用予定です。

「浅草寺・雷門は1番出口です。」「事故の影響により電車が遅れております。」などの案内が『メガホンヤク』を使って拡声されます。

『メガホンヤク』本体での案内内容選択のイメージ。
『メガホンヤク』本体での案内内容選択のイメージ。

現在東京メトロでは、サインシステム、車内ディスプレイ、改札口ディスプレイ及び自動旅客案内装置の一部に4か国語表示を取り入れていますが、4か国語による音声案内は初めてとのこと。今後東京マラソンや花火大会等での使用も予定されているようです。

文/おいでゆうこ(And-Fabfactory)

関連サイト

プレスリリース
パナソニック『メガホンヤク』製品情報

関連記事

日本語で話すと外国語で出てくる!ドラえもんのひみつ道具っぽい“メガホン型翻訳サービス”
ドラえもんのひみつ道具『望遠メガフォン』を使ってみた