東芝「REGZA」4K 有機ELテレビがついに発進。暗室で見た“黒”の再現力に驚き! もちろん全録タイムシフトにも対応

4K+HDR+有機EL、地デジ全録も付いた最強テレビがついに!

東芝が「REGZA」ハイエンド4Kテレビの2シリーズ・5モデルを国内発表しました。同社初となる4K有機EL『X910』(65V型/55V型)と、4K液晶『Z810X』(65V型/58V型/50V型)の2シリーズで、いずれも昨年発表がなかった待望の最高級モデル。4K有機ELテレビはすでに海外を中心に多数展開されていますが、国内メーカーによる日本での製品化は今回が初めて。

170112_REGZA_07

『65X910』 画面サイズ:65V型 実勢価格:97万2000円
『55X910』 画面サイズ:55V型 実勢価格:75万6000円

4K有機ELパネル採用の『X910』シリーズは、新開発エンジン「OLEDレグザエンジンBeauty PRO」を搭載。より濃密な黒色と高いコントラストを再現でき、映像への没入感を高めています。スカパー!4K専門チャンネル用のチューナーを内蔵するほか、各種4K配信サービスに対応。地デジ番組をいつでも全録する「タイムシフトマシン」にも対応しています。発売は3月上旬を予定。

170112_REGZA_08

『65Z810X』 画面サイズ:65V型 実勢価格:68万円
『58Z810X』 画面サイズ:58V型 実勢価格:45万3500円
『50Z810X』 画面サイズ:50V型 実勢価格:37万8000円

4K液晶の『Z810X』シリーズは、従来の「REGZA」では『Z20X』シリーズの後継にあたるモデル。高画質エンジンには「レグザエンジンBeauty PRO」を搭載し、4Kチューナーや「タイムシフトマシン」も完備しています。発売は2月上旬を予定。

東芝初の4K有機ELテレビ『X910』

170112_REGZA_04b

4Kの高解像度に加えて、HDR(ハイダイナミックレンジ)による明暗の描き分けで性能が競われるようになった大型テレビ。高いピーク輝度を細かく制御できる有機ELはテレビのパネルとしても相性がよく、東芝「REGZA」でも満を持しての採用となりました。

170112_REGZA_05 170112_REGZA_06

バックライトで照らすしくみの液晶ではなく、自発光デバイスの有機ELを採用したことで画面は超薄型化。最薄部は6.5mmまで薄くなり、これにあわせスタンドなど外観のデザインも従来機とは一味違うものに。

170112_REGZA_01

『X910』を実際に視聴してみると、画面の黒い部分が「漆黒」に見えるのがとても気持ちよく、どの映像を見ても液晶とは違ったキレイさを感じることができます。部屋を真っ暗にすると「黒」の再現度がわかるのですが、そのすごさは上の写真の通り。(写真は無加工です!)

“美肌”再現を追求する4K液晶最上位モデル『Z810X』

170112_REGZA_12

有機EL「REGZA」の画質はものすごいですが、価格が75万円以上ということもあり万人向けではないのも確か。多くの人にとって選択肢になるのは液晶「REGZA」の方でしょう。『Z810X』は、普段テレビ放送でもっとも目にする人物の肌色をとにかくキレイに仕上げたという4K液晶の最上位モデルです。(かわいさのあまり猫のシーンを収めてしまいましたが、人物以外の描写もめちゃくちゃキレイだったとご理解いただければ!)

170112_REGZA_13

『X910』と『Z810X』はいずれも東芝のハイエンドモデルということで、いわゆる全録機能の「タイムシフトマシン」に対応。別売のUSB HDDを取り付ければ、6チャンネルまでの地デジ全番組を常に録り貯めておき好きな時間に視聴できます。6チャンネルを全録しながら、さらに追加で2番組の同時録画もOK。

170112_REGZA_10

『X910』と『Z810X』共通のリモコン。スカパー!4K専門チャンネルやNetflixのダイレクトボタンも備えています。

170112_REGZA_11

リモコンに話しかけて番組などを検索できるボイス機能にも対応。

CESでも多数のメーカーから発表。高級テレビは有機EL化が進みそう

170112_REGZA_09

4Kの有機ELテレビは、自社でパネルを生産するLGエレクトロニクスが先行しているほか、年初に開催の家電見本市・CESではパナソニックやソニーも新型機を発表。このうち多くのメーカーは日本での製品化も予定しているはずです。画質を競う高級テレビは各社で有機EL化が進みそうで、今年4Kテレビを買おうという人にはちょっと悩ましい一年になるかもしれません。

『55X910』(画面サイズ:55V型)実勢価格:75万6000円 3月上旬発売予定
『55X910』(画面サイズ:55V型)実勢価格:75万6000円 3月上旬発売予定

『50Z810X』(画面サイズ:50V型)実勢価格:37万8000円 2月上旬発売予定
『50Z810X』(画面サイズ:50V型)実勢価格:37万8000円 2月上旬発売予定

 

取材・文/柳 雄大(編集部)

関連サイト

4K有機ELレグザ「X910シリーズ」の発売について(プレスリリース)
4K液晶レグザの最高級モデル「Z810Xシリーズ」の発売について(プレスリリース)
東芝「REGZA」Webサイト

関連記事

【4Kテレビ2016春夏まとめ】東芝編:10周年のREGZA。「タイムシフトマシン」の存在感は健在!
10万円台で買える! 最新おすすめ4Kテレビ7選【2016年秋版】
【2016夏 保存版】5大メーカー最新4Kテレビ完全まとめ