カタナじゃなくサムライ。研ぎ澄まされた禅なコンセプトバイク、参上

22世紀になったら、こんなバイクに乗れるのかな。

時は21世紀。日本の街なかでサムライを見かけることもなくなりました。伝統のサムライやオリガミの心はジャパン・プロダクトの中に今でも生き続けているはず……なのですが、日本のクルマやバイクのデザインって前衛的に攻めているモノが少ないのもまた事実。

ヨーロッパを拠点に活動するデザイナーのArtem Smirnov氏とVladimir Panchenko氏は、日本人の感性の特徴であるシンプルさ/空間の使い方をうまく活かした、(自称)サムライの心を持ったコンセプトバイク『Motorbike from Great Japan』を公開しています。

20170117ns2

グレー一色のカラーリングに、必要最低限のパーツだけを取り付けたソリッドな『Motorbike from Great Japan』。その佇まいは、おもわず私達日本人が忘れかけていた「禅(ゼン)」の心を思い出させてくれます。

20170117ns3

しかし、『Motorbike from Great Japan』は単にシンプルなだけではありません。その研ぎ澄まされたハンドル周りは、きっとライダーを「その気」にさせてくれるはず。そういう意味で、このバイクは刀(KATANA)の心も宿しているのでしょう。そう、スズキのカタナ(KATANA)のように……。

20170117ns4

デザイナー氏は大学時代には「paper plastic」というコースを取得していたといい、紙から接着剤を使わずになにかを作り上げるという課題に、当時は悪戦苦闘したのだそう。しかし今になって、重要なことはたくさんの要素ではなく「一つのライン」を決めることだと気づいたのだといいます。そう、このコンセプトバイク『Motorbike from Great Japan』も一本の線が違えば、全く異なるものとなるでしょう。

20170117ns7

20170117ns8

20171017ns6

ちなみにこのコンセプト、なんと「側車」オプションも想定されていてビックリ!

有名バイクメーカーによるものではないコンセプトデザインですが、不思議と「あ、これ乗ってみたいな」と思わせる魅力があります。僕らが元気なうちに、こんなかっこいいバイクは登場するのでしょうか?

文/塚本直樹

関連サイト

Artem Smirnova and Vladimir Panchenko

関連記事

これが最速の電動マシン『神電 伍』だッ! 最先端電動バイクの実力を見よ
キックスタンド不要! 停車中でもジャイロで安定するバイク【動画】
王者ロッシに挑む!? バイクの自動運転はロボットライダーにまかせろ
まるでジェット機!? ロー&ロングのハンドメイド電動バイク『zecOO』見参
未来の二輪車が“金田のバイク”を目指すのはなぜか!?
ヌメッとエイリアン風なSFバイク!『Electric Cafe Racer』コンセプト
バイクでダカールラリー気分なら『CRF1000L Africa Twin』っしょ!
どこかモトコンポっぽーい!? 車載充電OKのコンパクト電動バイク『SITGO』