初期の“VAIOっぽい”モデルも!『VAIO Z』と『VAIO S13』に「勝色」カラーが登場

シルバー&「勝色」の組み合わせにグッときた

VAIO株式会社設立3周年と、VAIOブランド20周年を記念し、VAIOのコーポレートカラーである「勝色」を採用した特別仕様の『VAIO Z|勝色特別仕様』『VAIO S13|勝色オーナメント仕様』の2モデルが登場しました。ソニーストアにて数量限定の発売となります。

20170113VAIO001
▲『VAIO Z|勝色特別仕様』。

ちなみに「勝色」とは、古来武士が縁起物として好んだ深く濃い藍色の“かちいろ”にあやかり、理性の青と感性の紫を融合させた色なのだそう。VAIOによれば、日本ブランドとしての誇りを持ち、マーケットでの地位を築き、勝ち続けたいという想いも込めて、この「勝色」をコーポレートカラーとして採用しているとのこと。

そんな「勝色」を採用したのが今回の限定モデル。『VAIO Z|勝色特別仕様』では、天板やパームレストなど、ボディ全体を「勝色」でアルマイト染色しているのが印象的です。一般的なPCで見かけることはまずない色なので、かなりインパクトがありますね。通常の『VAIO Z』と同じくCTOに対応していますが、VAIOロゴのカット面を勝色にする「勝ち色ダブルアルマイト仕様」は選択できません。最小構成時の価格は17万6000円(税抜)となっています。

20170113VAIO002 20170113VAIO003

20170113VAIO004
▲パッケージも通常より豪華な仕様になっています。

一方の『VAIO S13|勝色オーナメント仕様』は、ヒンジ部のオーナメントに「勝色」を採用したモデルとなります。本体色はブラックとシルバーから選べますが、シルバーの『VAIO S13|勝色オーナメント仕様』は、初期のVAIOを彷彿とさせるカラーリング。これは胸熱です。こちらもCTO可能ですが、「Core i7-6500U」、「16GBメモリ」、「タッチパネル非搭載」と、この3点は固定となるので注意が必要。最小構成時の価格は18万8800円(税抜)となります。

20170113VAIO005
▲『VAIO S13|勝色オーナメント仕様』。

VAIO好きの方はもちろん、他の人とは違ったPCを持ちたいという人にも良さそうですね。いずれも数量限定となるので、購入はお早めに!

 

文/こばやしなおき(編集部)

関連サイト

『VAIO Z』製品情報ページ
『VAIO S13』製品情報ページ

関連記事

あ、欲しい色みっけ! お洒落なツートンカラーの『VAIO C15』登場
BEAMS別注VAIO第2弾は「モノトーンクレイジー」。今度はじっくり悩める期間限定受注です
最大27時間駆動!『VAIO Z』に古き良きノートPCモデルが追加