Lightning接続、ノイズキャンセル、聴きながら充電も! パイオニア有線イヤホンの本気モデル『RAYZ』

iPhone 7/7 Plusユーザーが欲しかった機能、ガッツリ入ってます。

オンキヨー&パイオニアイノベーションズが、パイオニアブランドの有線イヤホン『RAYZ』(レイズ)を発表しました。本製品はアップルiOS端末のLightning端子接続専用となっており、ヘッドホン端子が廃止されたiPhone 7/7 Plusとの接続を前提に開発されたもの。Lightning端子から電源を供給できるメリットを生かし、ノイズキャンセリングなどiPhoneで制御できる機能を多数備えたのも特長です。

1702_digimono_pioneer-RAYZ02 1702_digimono_pioneer-RAYZ03
▲『RAYZ』(型番:SE-LTC3R-K、SE-LTC3R-W)

1702_digimono_pioneer-RAYZ04 1702_digimono_pioneer-RAYZ05
▲『RAYZ Plus』(型番:SE-LTC5R-T、SE-LTC5R-S)

また『RAYZ』の上位モデルとして、イヤホンのケーブルにLightning充電用ポートを追加した『RAYZ Plus』もあわせてラインナップ。いずれのモデルも2017年3月下旬発売予定で、価格はオープン。海外では99ドル(『RAYZ』)、149ドル(『RAYZ Plus』)からの発売となるようです。対応機種はiPhone(iPhone 5以降)、iPad(第4世代以降)、iPad Air、iPad Pro、iPad mini、iPod touch(第5世代以降)。

耳から外すと音楽が止まる「オートポーズ」など便利な機能を満載

1702_digimono_pioneer-RAYZ07b

単なるイヤホンではなく、スマホの“アプセサリー”(“アクセサリー”と“アプリ”を組み合わせた造語)として開発されたという本製品。『RAYZ』、『RAYZ Plus』ともに下記の付加機能を備えています。

【オートポーズ】…イヤホンを耳から外すと、再生していた音楽や動画を自動でストップ。
【スマートノイズキャンセリング】…静かな場所、うるさい場所など、周囲の状況にあわせ最適なノイズキャンセリングを行う。
【HearThru(ヒアスルー)モード】…イヤホンを外さずに周囲の音を取り込めるモードに切り替え可能。
【スマートボタン】…イヤホンのリモコンに付いたボタンに自分好みの機能を割り当てられる。

各種機能のオン・オフや「スマートボタン」に割り当てる動作は『RAYZ』専用アプリで自在に設定可能。

『RAYZ』アプリ。ノイズキャンセリングやオートポーズ機能のON・OFF、スマートボタンの機能割り当てなどを一元管理できる。
『RAYZ』アプリ。ノイズキャンセリングやオートポーズ機能のON・OFF、スマートボタンの機能割り当てなどを一元管理できる。
イヤホンのリモコンには、ボリューム調節などの操作ができる3つのボタンに加え、「スマートボタン」(写真左端のボタン)が用意されている。
イヤホンのリモコンには、ボリューム調節などの操作ができる3つのボタンに加え、「スマートボタン」(写真左端のボタン)が用意されている。

上記の機能に加え、『RAYZ Plus』では“音楽再生or通話しながら充電”が実現できるLightning充電用ポートも付いてきます。

『RAYZ Plus』のケーブル部。iPhone接続部の近くにLightning充電用のポートが付いている。
『RAYZ Plus』のケーブル部。iPhone接続部の近くにLightning充電用のポートが付いている。

1702_digimono_pioneer-RAYZ10 1702_digimono_pioneer-RAYZ08

ヘッドホン端子で聴くよりもバッテリーが保てるという省電力化にも注目

1702_digimono_pioneer-RAYZ14

アップルの第2世代Lightningオーディオ技術を採用した本製品は、iPhoneやiPadとつないで使った場合の低消費電力化も実現。同社によれば「従来のiPhoneヘッドホン端子で5時間の音楽再生をした場合、バッテリー残量が9%低下していた。Lightning端子を使うとこれがさらに低下してしまうことになるが、『RAYZ』では同条件での消費残量を6%まで抑えることに成功した」という検証報告も。

なおLightning接続タイプのイヤホンは、アップル純正の『EarPods』を筆頭に各社から続々発売されていますが、音楽再生or通話中の充電も可能な製品は『RAYZ』が世界初となります。

1702_digimono_pioneer-RAYZ13 1702_digimono_pioneer-RAYZ15

1702_digimono_pioneer-RAYZ11 1702_digimono_pioneer-RAYZ12

 
『RAYZ』の記者向け発表会には、iPhone好きで知られるお笑い芸人のサバンナ・高橋茂雄さんも登壇。

1702_digimono_pioneer-RAYZ16

高橋さんは「iPhone 7は、“Lightningケーブルでイヤホンを挿したら充電できひんやん問題”があるんですよ。それでアップル純正ではない、イヤホンジャックも挿せるヤツ(アダプター)を某通販サイトで買うてみたりするけど、せっかくのiPhone 7が、ダサッ! みたいな……。これは、充電もしつつイヤホンとしても使えるというところにボクはめっちゃ惹かれてます」と、特に『RAYZ Plus』を高く評価しました。

ノイズキャンセリングやオートポーズなど、Bluetoothイヤホンでも人気の機能を多数盛り込みつつ、上位モデルではLightning充電ポートも装備。パイオニアというブランドの強みもあり、なかなか注目を集めそうなイヤホンですね。

1702_digimono_pioneer-RAYZ18

取材・文/柳 雄大(編集部)

関連サイト

パイオニア『RAYZ』Webサイト
パイオニアブランド ヘッドホン製品サイト
アップル『EarPods with Lightning Connector』製品情報

関連記事

iPhone 7/7 Plusを充電しながらイヤホンジャックが使えるアダプタ。マイク&音量調節機能つきで色々解決できそう
iPhone7と一緒に欲しい!Lightning直結カナル型イヤホン
Lightningコネクタ直結で充電不要! JBLのノイズキャンセリングイヤホン『REFLECT AWARE』