Windows 10でスピーカーを正しく設置するには?これで右か左か……もう悩まない!

新しいスピーカーを設置したけど、右と左がわからない……。
そんな時はスピーカーの「構成」で音を出して確認!

古くはステレオが主流だったPCの音源も、今では同じステレオでもハイレゾ対応であったり、5.1chだったりと、かなりリッチな音楽再生環境となってきています。せっかくいい音が出せる機器を揃えているのに、実は左右のスピーカーが逆だったり、サラウンド環境のはずがチャンネルが入れ替わってメチャクチャな音場になっていたり……なんてことがあったら笑えません。スピーカーを設置するときに、しっかりとチャンネルを間違えないようにしたいものですね。

基本的には配線の目視確認で大丈夫だとは思うのですが、やはり耳で聞いて確認できるのがいいに決まっています。そんな、どのスピーカーから音が出ているのかを確認できる方法を紹介しましょう。

まずは通知領域のスピーカーアイコンを右クリックし、「再生デバイス」を選んでサウンドの設定を呼び出します。次に再生に使う出力を選択してから、左下にある「構成」ボタンをクリックしましょう。すると「スピーカーのセットアップ」が始まります。この画面右のイラストにあるスピーカーをクリックすると、そのスピーカーから音が出るので確認ができるわけです。

「テスト」ボタンを押すと、1つずつのスピーカーから順番に音が出ますので、まずはコレで確認し、怪しいものがあればイラストのスピーカーをクリックするといいでしょう。スピーカーの位置を確認できたら、構成の設定はキャンセルしてしまっても構いません。ウィザードを進めて、しっかりと構成設定を完了させた方がいいですけどね。


▲通知領域のスピーカーアイコンを右クリックし、「再生デバイス」をクリック。すると、サウンドの設定が開きます。


▲「再生」にあるデバイスから、サウンドの再生に使うスピーカーを選択した後で、左下の「構成」ボタンを押します。


▲「オーディオチャンネル」では、自分が設置したスピーカーに適したものを選びましょう。後は、正しい位置にスピーカーが配置できてるか確認するだけです。

【連載企画】 Windows 10を便利に使う秘技
その名の通り、「Windows 10」を快適に使うためのコツをお届けしていく連載企画。あなたのかゆいところに手が届く“秘技”があるはず! 知ってると自慢できるかも!?

Windows 10を便利に使う秘技・連載まとめページ