オーディオ製品を長く使うには?“トレンド”を作ったモデルを選ぶべし【話題の新定番アイテム】

今後、必須機能となっていくであろう新たな機能を解説しつつ、それらを搭載した”新定番”のおすすめモデルをデジモノステーション本誌連載陣がピックアップ。今回はオーディオです。ハイエンドからカジュアルまで、幅広いユーザーに対して新たな音楽ライフスタイル=“新定番”を提示しているオーディオ業界。音楽のある暮らしをもっとリッチにしてあげよう。

“新定番”を生み出す製品は長く使える?

この数年、オーディオカテゴリーにおいて新たな時代を作ると思われる機能が次々と登場している。特に驚いたのが下で紹介している『MDR-1000X』にも採用される高音質Bluetoothプロファイル「LDAC」。次世代モバイルOS「Android O」での正式サポートが決定したことで、LDAC対応の最新Androidスマホが、モバイルオーディオの“新定番”となる可能性が高まった。

また、バッグに入るほどのサイズながら本格的なレコーディングに使える第4位『iLoud』にも未来を感じる。何よりも正確性が重視されるモニタースピーカーはある程度のサイズが必要だったが、同機はDSPを駆使することで、歪みも膨らみもない低域再生性能を手に入れた。

“新定番”を生み出すのは、こうしたデジタルアプローチだけではない。第5位で紹介している『IX1000』はイヤホンハウジング内の構造を切り替えるスイッチにより、2つの個性的な音を楽しめるようにしている。

製品進化のスピードがどんどん速くなっている現在、長く愛用できる製品を選ぶのはとても難しい。そんなときは、真っ先にオーディオトレンドを作ったモデルを選ぶといい。今回紹介している5機種は、今後も注目するに値するモデルだ。

 

BEST 1

次世代ハイレゾワイヤレスの切り込み隊長となるべきモデル

ソニー
MDR-1000X
実勢価格:4万2590円

【SPEC】ノイズキャンセル、Bluetooth、LDAC

圧縮音源をハイレゾ相当にアップコンパートするDSEE HX、高音質ワイヤレスコーデックLDAC、装着状況に合わせて音を補正するパーソナルNCオプティマイザーなど、最先端のデジタルアプローチで快適性と高音質を両立した。

ココが新定番!

▲LDACは最高990kbpsのビットレートで音声を転送。なんと次世代Androidで正式サポートされることに。


▲MP3形式のデータしかなくても大丈夫。圧縮音源をきめ細かな音に拡張するDSEE HX機能で、どんなトラックもハイレゾ品質になります!

 

BEST 2

難しそうなアナログも簡単に鳴らせる万能機

オーディオテクニカ
AT-LP5
実勢価格:5万3870円

【SPEC】ダイレクトドライブ方式、USB出力

しっかりしたボディに精度の高い各パーツ。フォノイコライザーやUSB端子なども備え、手軽にレコードを再生できることを目的に作り込まれている。さらには針を交換することで、好みのトーンとなるように音を追い込める。

ココが新定番!

▲アクティブスピーカーなどと直結して鳴らせるフォノイコライザーを装備。シンプルな構成でアナログレコードを楽しめます。

 

BEST 3

既存のオーディオ機器でSpotifyを鳴らすために

フォン
Gramofon
実勢価格:1万2800円

【SPEC】Spotify Connect、IEEE802.11 b/g/n

ネットワーク回線をシェアするサービス、FONの最新ルーター。Spotify、レコチョク Bestなどのストリーミング音楽サービスに対応しており、一度設定してしまえば、世界中の最新ヒットチャートを手軽に聞ける。

ココが新定番!

▲無線LANルーターにストリーミング音楽サービス機能をつけた異色作。操作はスマホアプリ画面から行えます。

 

BEST 4

サイズを超えた本物の低音が飛びだしてくる

アイケーマルチメディア
iLoud Micro Monitor
実勢価格:3万9960円

【SPEC】出力:50W RMS、Bluetooth接続対応

どこでも正しい音を再生するために開発された、プロ向けのコンパクトなアクティブモニタースピーカー。音はシャープで明瞭感が高く、空気感を作る微細音も逃さず鳴らす。低域の質感はさすがのプロクラスだ。

 

BEST 5

スイッチ切り替えで2種類のトーンが味わえる

MUIX
IX1000
実勢価格:2840円

【SPEC】ドライバーユニット:ダイナミック型、リモコン

ハウジング外側のスイッチを回すと、フラットな音から低域増強なトーンに切り替えられるイヤホン。アコースティックなアプローチで、変化の仕方は自然。曲に合わせて積極的にイコライジングしていく楽しさを味わえる。

文/武者良太

※『デジモノステーション』2017年6月号より抜粋

関連記事

圧縮音源もハイレゾ音質で楽しめる!? ソニーのBluetooth+ノイキャンヘッドホン『MDR-1000X』がいろいろスゴい
2万円台からのライカ!? MASTER & DYNAMICとコラボのヘッドホン3モデル。ヘッドホンスタンドも