家電から電球、スイッチまで!まるっと全部IoT対応にしてくれる『NODEZ』

これさえ買えば、お家のスマート化は完了。

家電製品などがネットワークに繋がる最近流行りの「IoT(モノのインターネット)」。しかし、それぞれの家電製品のためにIoTデバイスを買うのは面倒。そこでオススメできそうなのが、家の中にあるさまざまな機器をIoT対応にできちゃう『NODEZ』。こちらは電球やコンセント、リモコン、コントローラー、それにスマートセンサーなどをまとめたセットなんです。

IoTの宝石箱や〜

と、突っ込みたくなる本セット。内容物は、それぞれの機器を統括する「Hub」、さまざまなセンサーを搭載した「Guard」、気温や湿度、周辺光などのセンサーを備える「Ambient」、水漏れを感知する「Flood」、扉の開閉を感知してくれる「OpenClose」コンセント型の電源管理機器「Plug」、電球プラグ型の電源管理機器「socket」、プログラマブルな遠隔ボタン「Button」、そしてリモコンの「Remote」のあわせて9個です。

これらの機器はスマホアプリからオンオフのコントロールができるだけでなく、「ドアが開いたらすべてのライトをオンに」「ボタンがクリックされたらスイッチをオフに」といった具合に、自分で条件を設定し、複数の機器を組み合わせて使うことができます。

高度なセンサーコントロールも可能

セットの中でもなかなか興味深いのが上画像の「Guard」と、下画像の「Remote」。

「Guard」にはCO2センサー、煙センサー、動きセンサー、温度センサー、湿度センサー、周辺光センサーといった各種センサーに加え、100デシベルのアラームが搭載されています。家電と組み合わせれば非常に便利に使えそう。

そして「Remote」はユニバーサルリモコンとして、さまざまな家電を赤外線でコントロールできます。また操作する家電の登録も、リストから選ぶだけとラクラクです。数多くのメーカーに対応しているようです。

ボイスアシスタントとの連携もOK

さらに賢いことにアマゾンのボイスアシスタント「Alexa」との連携も可能なんだそう。声で家電をコントロールできるとなると、もはやそこはSF映画の世界。そんな『NODEZ』は、クラウドファンディングサイトのKickstarterで資金調達を完了しています。現時点では196ドル(約2万2000円)を出資すれば1つ入手できる模様。製品の出荷時期は2017年11月で、全世界への配送に対応するとのこと。個人的に試したいのが「Alexa」によるボイスコントロール。「Alexa」が日本語に対応したら「電気消して」「エアコンつけて」とカッコよく家電を操作してみたいものです。

文/塚本直樹

関連サイト

『NODEZ』プロジェクトページ

関連記事

IoTの宝の山だ! 世界最大規模のITショー「CES2017」振り返り動画レポート【後編】
テニスがもっと熱くなる! ショットを分析してくれるIoTリストバンド
【レビュー】あらゆる“戸締り”をスマホで確認。格安IoTセンサー『leafee mag』を試す