雨の水滴で濡れる心配なし!逆開き傘『KAZbrella』は梅雨時期に最強のアイテムか?

イギリスで設計・開発された、特許取得済みのリバースオープニングフレームとテンションテクノロジーを備えた傘『KAZbrella』の発売が動画ショッピングサイトDISCOVERにて開始しました。

ぱっと見は普通の雨傘ですが、内側が外に向かって開く構造となっており、一般的に傘をさした際に濡れる上面が内側へ格納される仕組み。そのため、取り扱い時に手が濡れないのはもちろん、水滴が床に落ちたり、傘に触れるものが濡れたりしないんだそうです。また、限られたスペースで開閉できるので、混雑した状況の場合でも目や頭を突く等の危険を回避することができるんですって。

この『KAZbrella』、航空機で使用する同質のアルミシャフトから、軽量のグラスファイバースポークまで、高品質で信頼できる品質の材料が使用されているとのこと。天蓋は、通気性の良い素材で作られていますが、撥水性コーティングが施されているため、まるでビーズのように雨粒を弾いてくれるそうですよ。

【SPEC】
・直径104cmの天蓋、長さ92cm、重さ620g
・特許取得済みの逆フォールディング機構
・空力弾性技術
・高水準防水
・高品質の陽極酸化アルミシャフト
・ガラス繊維と炭素繊維のスポーク
・織物の高品質、熱処理されたポリエステル生地
・高性能防水撥水コーティング
・保護のための二重天蓋

関連サイト

『KAZbrella』プロジェクトページ