全てを見抜く神降臨!「GodMode」を使えばWindows 10で設定項目を一覧できるように

設定項目を一覧表示できる「GodMode」が超便利

Windows 10では「設定」が強化され、タッチ操作でも多くの設定が変更できるようになっています。しかし、詳細設定が省かれている部分があったり、項目が階層化・細分化されているためピンポイントで設定したい機能がどこにあるのか把握しづらい、といった不満もあります。検索機能を使えばある程度は解決できますが、毎回文字を入力して検索するのも面倒なもの。

Windows 10を便利に使う秘技・連載まとめページ

 
いっそのこと、設定できる項目や機能が一覧になっていればいいのに……という願いをかなえてくれるのが、All Tasks……通称「God Mode」と呼ばれる特殊な機能です。大層な名前がついていますが、簡単にいえば、項目が一覧表示されているコントロールパネル。階層をたどることなく機能を探せるのがメリットです。

この特殊なコントロールパネルを表示するには、まず新規にフォルダを作成し、その名前を

GodMode.{ED7BA470-8E54-465E-825C-99712043E01C}

へと変更するだけ。アイコンがフォルダからコントロールパネルのものへと変更すれば成功です。ちなみに「God Mode」部分は任意の名前なので、「詳細設定」でも何でも好きな名前で大丈夫です。ただし、省略はできません。

環境によってはどんな名前を付けても空欄になってしまいますが、機能自体は問題なし。機能をピンポイントで設定をしたい場合に活用しましょう。


▲デスクトップや任意のフォルダ内など、作成したい場所で右クリック。「新規作成」から「フォルダー」を選んで作ります。


▲フォルダの名前を「GodMode.{ED7BA470-8E54-465E-825C-99712043E01C}」へと変更します。入力間違えを避けるため、コピペ推奨です。


▲アイコンが変化すれば成功。試した環境では名前が消えてしまいましたが、機能としては問題ありません。


▲ダブルクリックで開いてみたところ。驚くほどたくさんの機能が一覧表示されました。

【連載企画】 Windows 10を便利に使う秘技
その名の通り、「Windows 10」を快適に使うためのコツをお届けしていく連載企画。あなたのかゆいところに手が届く“秘技”があるはず! 知ってると自慢できるかも!?