クルマをオフィスに!車内で仕事をするための電源確保術、教えます

クルマをオフィス化するための電源確保術

クルマで好きな場所や景色の良い場所に移動しながらできれば、仕事だって遊び感覚でできるかも!?そんなノマドワークを実現するための電源確保術について考えてみた!

教えてくれた達人はこの人
稲垣正倫/ライター。国内外の各地を飛び回っており取材先・旅先でもデスクワークをこなすため、ソーラーシステムを車にDIY導入。

PCを動かす電気さえあれば仕事はどこでもできる!

クルマで仕事をすることの利点は、どこでも好きなところでできること。今の時代、PCがあれば、場所は関係なく進められる仕事も少なくない。ただ、出先でちょっとPCを開く程度ならともかく、毎日の仕事を車中でしようとすると、課題となるのが電源の確保だ。シガーソケットの電源にインバーターを装着する手もあるが、そのためにエンジンをかけっぱなしというのは良くない。

そこで、提案したいのが下記の4つの方法。容量の大きなポータブル電源は最も手軽な方法で、最近では選択肢もどんどん増えてきている。家庭用の100Vコンセントを搭載したクルマも種類は増えているが、できれば供給電力量が多いモデルを選びたい。ソーラーパネルも、近年は屋根だけでなくダッシュボードに置けるタイプなども登場している。いざとなれば、移動式のオフィスカーをレンタルするのもありだ。

大容量ポータブル電源を使う

クルマだけでなく、出かけた先で仕事をするのに大いに役立つのが大容量のポータブル電源。いわばモバイルバッテリーの大型版だが、近年大きく進化しており、多くの製品が登場している。例えばANKERの『PowerHouse』なら小型ノートPCを約15回フル充電可能だ。クルマメーカーのHondaも今夏に車中泊にも使える製品を発売予定。

【オススメ大容量ポータブル電源はコレ】

Anker
PowerHouse
実勢価格:4万9800円


ホンダ
LiB-AID E500
2017年夏発売予定


Suaoki
PS5B
実勢価格:4万2880円

 

カーオフィスをレンタルする

オフィスとしての機能を有し「移動事務室」として使えるレンタカーも登場。日産『NV200』をベースに、100V電源が使えることはもちろん、エアコンや車中泊可能な簡易ベッドも搭載しており、ちょっとした旅に出たり、移動式のオフィスとして活用できる。料金も高くないのが嬉しい。


オリックスレンタカーの場合
日産NV200のオフィスカー
基本料金:1万3500円(12時間)

 

100Vコンセント搭載車に乗る

最近のクルマは100Vの家庭用コンセントを備えたクルマも少なくない。ただ、仕事で使用するならある程度の電力量を供給できるモデルが頼もしい。例えば、下記に紹介した車種は1500Wまでの機器を動かすことが可能。発電機能があれば長期使用もできる。

【100V 1500Wの電源を標準搭載するクルマ】

トヨタ
MIRAI
価格:723万6000円〜


トヨタ
エスティマハイブリッド
価格:431万1163円〜


三菱自動車
アウトランダーPHEV
価格:365万9472円〜

 

太陽光パネルや走行充電を利用する

近年、急速に普及が進み、発電効率なども向上しているのがソーラー発電のシステム。クルマの屋根などに設置できるものも増えているが、まだ天候によって発電効率が左右される部分もある。キャンピングカーなどで本格的に使いたいなら走行することで充電するシステムの導入も検討すべき。こちらも発電効率が急速に向上している。

【電源装置を設置するならココ】

キャンピングワークス
東京都東久留米市下里3-11-9
Tel.042-479-1338

文・撮影/Animal House

※『デジモノステーション』2017年8月号より抜粋