使い勝手も大事だけどデザインで選んでみては?注目の電気ケトル3選

デザインで選ぶも良しの電気ケトルおすすめ3選

ritter
Fontana5
実勢価格:2万6500円

70、80、95、100℃の温度設定が可能な電気ケトル。赤ちゃん用のミルク作りには70℃以上の温度で調乳することが推奨されており、コーヒーや紅茶を入れるのに役立つだけでなく、ミルク作りにもピッタリだ。ホワイトとブラックを基調にしたデザイン性の高さも魅力。

沸騰速度

水量目盛りが2つあり、右からも左からも水量を確認できるユニバーサルな設計になっている。消費電力が1000Wと控えめのため、沸騰スピードは決して速くはない。(3分42秒/500ml)

注ぎやすさ

水を注ぐスピードは速いが、あまり傾けると注ぎ口以外から水が漏れてしまう。細かいコントロールが決して得意ではないため、コーヒーのハンドドリップにはあまり向かない。(約5秒/500ml)

使い勝手の良さ

お湯を沸かす場合は70、80、95、100℃のボタンを押すだけなので、操作が分かりやすい。加熱中を表すインジケーターが青く点滅するので、遠くからでも確認しやすい。

 

タイガー魔法瓶
蒸気レス 電気ケトルわく子 PCH‐G080
実勢価格:6340円

蒸気を外に逃がさない蒸気レス構造や、倒れてもお湯が漏れにくい転倒流水防止構造、本体が熱くならずに保温効果が高い本体二重構造などを採用し、安心・安全設計を追求した電気ケトル。消費電力が1300Wで、沸騰時間が短いのも魅力。カラーはパールブラックとパールホワイトの2色。

 

デロンギ
アイコナ・ヴィンテージコレクション KBOV1200J
実勢価格:1万380円

古き良きイタリアをイメージさせる淡い色合いが魅力の電気ケトル。同じシリーズでポップアップトースターもラインアップする。0.5L、0.75L、1.0Lの目盛りがハンドル側にあり、水量が一目で分かる。カラーはドルチェベージュ、オリーブグリーン、アズーロブルーの3色。

文/安蔵靖志

安蔵靖志/IT・家電ジャーナリスト。家電製品総合アドバイザー、AllAbout家電ガイド。KBCラジオ「キャイ~ンの家電ソムリエ」にも出演中。

※『デジモノステーション』2017年5月号より抜粋