50周年を迎えたエアコン「霧ヶ峰」の最新モデルはやっぱりスゴかった

50年目の「霧ヶ峰」はここがスゴい!

現在、国内のエアコン市場では10社以上のメーカーが多彩なモデルを展開しているが、三菱電機の「霧ヶ峰」ほど、多くの人に知られているシリーズはないだろう。その歴史は1967年に始まり、現在に至るまで画期的な技術で市場をリードしてきた。

現在のフラッグシップ『FZシリーズ』も、革新性にあふれたモデルと言える。最大の特徴は、2つのプロペラファンを採用した内部構造。他のモデルとはまったく違うこの驚きの構造により、異なる温度帯の気流を同時に作れるようになった。その気流の緻密な制御を司るのが、高性能な赤外線センサー「ムーブアイ極」で、何と体の細部まで0.1度単位で測定可能だ。また、空調の効率を格段に向上させる大容量熱交換器の採用や、エアコンと扇風機の長所を兼ね備えた送風機能などにより、省エネ性も追求。使いやすいリモコンや便利なスマホアプリで、操作性も高めている。

「霧ヶ峰」が長く愛されてきた理由。それはいつの時代でも誰もが素直に「スゴい!」と思える技術を採用してきたからだろう。

三菱電機
霧ヶ峰 ADVANCE FZシリーズ
実勢価格:21万円(14畳用)〜

上部に配置した2つのプロペラファンが、独立して駆動。高精度センサーで検知した人の体感温度を基に風量を緻密に制御し、それぞれに快適な温度の風を届ける。

【内部も空気もきれいにするクリーン機能がスゴい!】
フィルターの自動掃除機能に加え、ホコリや油汚れの付着を防ぐ特殊コーティングや、オゾンによるカビ菌除去機能で、内部の清潔さをキープ。さらにウイルスや菌の抑制&脱臭効果があるミスト機能により、室内の空気もクリーンにする。

【人も部屋も細かく見極めるセンサーがスゴい!】
高精度センサー「ムーブアイ極」は、手先や足先など細部の温度までを0.1度単位で測定。体の温度変化も検知し、温度の感じ方まで見極める。センサー部分は360°回転するため、エアコン設置面の壁の温度や窓からの日差しなども検知できる。

【温度まで変えられる吹き分け機能がスゴい!】
2つのプロペラファンからなる「パーソナルツインフロー」により、同じ室内に異なる温度帯の風を作り出す。複雑に動く「匠フラップ」との組み合わせで、風向きや風量も緻密にコントロール可能。理想の風がピンポイントで届く。

【省エネにつながる送風機能がスゴい!】
室内にいる人の体感温度を見極めて、冷房と送風を自動で切り替える「ハイブリッド運転」を搭載。送風時の最小消費電力は14W(『MSZ-FZ4017S』の場合)と、節電にも役立つ。

【お任せで快適にしてくれるリモコンがスゴい!】
付属するリモコンは、表示が見やすく操作が簡単。冷房と暖房の自動切り替えなど、よりすくない操作で快適に使える機能も備える。別売りのアダプターを使えば、スマホで運転のオン/オフなどの遠隔操作も可能だ。