食べて夏バテを吹き飛ばせ!クールでホットな調理家電【夏を楽しむ!】

例年と比べて涼しかった6月から一転、7月に入ってからは驚異的な猛暑が続く、この夏。というわけで、本誌執筆陣が“夏”をテーマに選んだこの夏をものともしない、いや、むしろ積極に楽しむための納涼デジタルグッズ10ジャンル50製品を紹介する!! 今回は調理家電。夏場は食欲も減衰気味だが、氷菓やアイスコーヒーなら大歓迎。身体を中から冷やして元気になったら、ホットなバーベキューやカレーでもっと元気になろう。たっぷり汗をかくことで暑さも吹き飛んでしまうはずだ。

身体を中から冷やしてクールに過ごそう!

夏の暑い季節を家電で何とかしようとすると、どうしてもエアコンや扇風機に目が行きがちだ。しかし、涼を感じたいなら、身体の中から冷やしてみてはどうだろうか。まずおすすめしたいのが、冷凍庫のスペースを使わず手軽にアイスが作れるハイアールの『アイスデリプラス』。材料を混ぜ合わせるなどの準備は必要だが、容器の事前冷却が不要で使いやすいのが魅力の製品だ。

同じく身体を中から冷やす系ではかき氷機も定番だろう。電動カキ氷機は数多く存在するが、今年一番のおすすめは貝印の『本格かき氷器 DL-7521』。昨年は早くに完売してしまった人気商品だけに、かき氷が好きなら是非狙ってほしい。自宅でも至福の氷が楽しめるはず。

夏だからこそ、あえて暑いことをするのも一つの手。ウエーバーの『Q1250』は手軽ながら本格派のBBQグリル。専用に開発したガスの火力でしっかりと食材に火を通すことができる。炭のようなメンテナンスの大変さがないのもポイントだ。

暑いからこそ辛いものを食べるのも夏ならでは? スパイシーなカレーを食べてたっぷり汗をかき、食後のデザートにアイスを楽しむなどして猛暑・酷暑を乗り越えよう。

 

BEST 1

事前冷却なしで手軽に自家製アイスを楽しめる!

ハイアール
IceDeli Plus JL-ICM720A
実勢価格:1万7190円

【SPEC】有効内容積:約700ml

小型冷却装置であるペルチェ冷却方式を採用したアイスクリームメーカー。多くの製品で必要となるポットの事前冷却が不要で、すばやくアイスが作れるのが魅力。また、アイスクリーム以外にもジュレや、冷製スープなどが作れるのも楽しい。真夏の季節に冷凍庫を独占しないのもポイントだ。

【ここに注目!】

▲構造がシンプルなので、手入れも比較的簡単。洗うのが面倒で使わなくなったということにならないはずですよ。


▲生クリームなど、混ぜ合わせた材料をポット内に入れるだけでOK。一度に最大700ml作れるので家族みんなで楽しめます。

 

BEST 2

強力なガスのパワーで香ばしく肉が焼ける

ウェーバー
キャンプQ(Q1250)
実勢価格:4万9990円

【SPEC】専用プロパンブタンガス缶、火力:6500BTU(2491kW)

本場、北米市場でNo.1のシェアを誇るBBQ用品メーカー、ウェーバーが日本市場に向けて開発した、コンパクトで高火力なBBQコンロ。ガスによる高火力と高い蓄熱性を活かして、大きな肉を豪快に焼ける。また、煙が出にくい構造や、炭を使うコンロと比べて、メンテナンス性が高い点も見逃せない。

【ここに注目!】

▲専用のスタンドを折りたたんでコンパクトに収納できるのが◎。スタンドには車輪も付いているので、簡単に運べます。


▲温度計付きのカバーを搭載しており、大きな肉の蒸し焼きなどもできちゃいます。屋外で食べる肉は絶品ですよ!

 

BEST 3

老舗刃物メーカーがこだわった本格派!

貝印
Kai House 本格かき氷器 DL-7521
実勢価格:1万6200円

【SPEC】製氷器容量:約650ml

非電動の手回しタイプかき氷器。氷を砕くのではなく、薄く削るために鋭い刃を採用しているのが特長だ。業務用にも採用されているウォームギア構造によって氷を固定する仕組みや、不純物が少ない透明な氷が作れる専用の製氷器の採用など、かき氷の美味しさに徹底してこだわっている。

【ここに注目!】

▲薄く削られた氷は、舌先でふわっととろけていきます。まるで専門店のような食感をぜひ体験してみてください。

 

BEST 4

氷に直接ドリップするから薄まらず、香りも豊か

サーモス
アイスコーヒーメーカー ECI-660
実勢価格:6980円

【SPEC】サーバー容量:0.66L

サーバーに氷をセットしてコーヒーをドリップする仕組みのアイスコーヒーサーバー。最初に入れた氷が溶けながらコーヒーになるため、冷やすための氷でコーヒーが薄くならないのが特長。香り豊かなコーヒーが入れられる。

 

BEST 5

暑い夏にこそスパイシーカレーとごはんの共演を楽しむ

バルミューダ
BALMUDA The Curry
実勢価格:810円

今年2月に発売されて話題を集めた、バルミューダの炊飯器。そのごはんとマッチするカレーが登場した。老舗のカレー店デリーと一緒に作ったカレーソースはスパイシーでさらりとした口当たり。粒立ちの良いごはんと合わせて楽しみたい。

文/コヤマタカヒロ

※『デジモノステーション』2017年9月号より抜粋