室内でも飛ばせる!手のひらドローンって小さいけれど意外と侮れないんです

ドローンは飛ばしたいけど、外は暑いし飛ばす場所も不安……。そんな人におすすめなのが室内でも飛ばせる手のひらサイズのドローン。小さいけれど楽しさは大型機に勝るとも劣らない!

1機あれば引き込んでいられるくらい楽しめる機種が揃う

「ドローンを買っても飛ばす場所がない……」と考えているのなら、いっそ室内で飛ばせるモデルを選んでしまおう。手のひらサイズのミニドローンは今、どんどん選択肢が増えてきている。重さが200g以下の機体ならドローン航空法の適用外なので、屋外で飛ばしたくなっても大型のドローンに比べると自由度は高い。(とはいえ、どこでも飛ばして良いわけではないので確認が必要)

また、ミニドローンは操作の基本を身に付けるのにも格好の練習台となる。大型機ほど安定性がない分、自分で制御をしなければならず、機体制御などの基本が覚えられるのだ。最近のモデルは、その点に着目しARゲームを使って練習できる機体も登場。そのほかにも遊べる機能を搭載したモデルが増えているので、1機あればしばらく引きこもっていられるくらい遊べてしまう。暑い時期は室内で遊びながら操作の基本を身に付け、涼しくなった頃に本格的な空撮デビューなんて楽しみ方もありだ。

パロット
Parrot Mambo
実勢価格:1万5900円

機体だけならわずか63gという軽量なボディに、物を掴めるGrabberやボールを発射できるCannonなど遊べるアクセサリーを装着可能。スマホからコントロールできるのは20m圏内なので、まさに室内で遊ぶのにうってつけの機体だ。

白羽取り

Parrot Mambo』にGrabber(グラバー)と呼ばれるアームを装着すれば、飛んでる状態でも物をキャッチしたり、リリースすることが可能。空中でキャッチさせてみたり、紙くずをゴミ箱に落としたりという楽しみ方ができる。

射撃

飛行中にボールを発射できるCanon(キャノン)のオプションも同梱。機体を制御して体勢をコントロールしながら的に向かって発射! 空中で的を捉えるのは容易ではないが、その分燃える。機体のコントロールも発射もスマホで行う。

 

エル
DRONE STAR 01
実勢価格:1万6610円

コントローラー内部に収まるコンパクトなボディに、ドローン操作の基本を遊びながら身に付けられるギミックを搭載。初歩的な操作を覚えたらARゲームもできる。

ARゲーム

スマホのカメラで捉えた映像に、ARでソフトクリームのアイコンを重ねて表示。機体を操作して、飛んでくるソフトクリームを避けながら飛行することで、機体の操作を身につけられる。これなら室内での練習も飽きない!

 

WINGSLAND
WINGSLAND S6
実勢価格:5万3784円

SONY製チップ内蔵の4Kカメラを搭載し、室内で飛ばせるサイズながら本格的な空撮が可能。3つのCPUで機体を制御し、高級ドローン並の高精度なフライトが可能となっている。

空撮気分

機体の前面に高画質な4Kカメラを搭載しているので、スマホの画面で前方の映像を見ながらの飛行が可能。アングルを決めながら機体を制御するという空撮の基本を身に付けられる。コントロールアプリの操作性も高い。

 

パロット
Parrot Airborne Night
Swat/Maclane/Blaze
実勢価格:各1万9224円

重量わずか54gの機体に2個のLEDライトを装備。前後や横方向の宙返りをワンクリックでできる機能も搭載しているので、室内でもアクションを楽しめる。3色あり。

UFO

明るさを調整できるLEDライトを搭載した運動性能の高いドローンで、宙返りを繰り返せばその様子はさながらUFOのよう。広角のライトを使って部屋の一部を照らし出したり、追いかけっこをしたりと遊びの幅は広い。

 

文/増谷茂樹 撮影/向殿政高

※『デジモノステーション』2017年9月号より抜粋