ドローン界の巨人DJI。中国深センの本社で彼らのスゴさを思い知った

深センの本社取材を敢行! ドローン界のアップル DJIのスゴさとは?

ドローンの世界で知らぬ者はいないメーカー、それが中国・深センに本社を構えるメーカーDJIである。本特集でもいくつもの機体が登場しているので、すでにその存在感はご承知だと思うが、なぜDJIは多くのライバルメーカーを尻目に、一騎当千な存在へと上り詰めることができたのか? 本誌連載陣で最先端のドローン技術にも詳しいモータージャーナリスト川端由美が、2016年の夏前にDJI本社を訪問し、その秘密を探った模様をお届けしよう。

川端由美/自動車評論家 環境ジャーナリスト。自動車の環境問題と新技術を中心に執筆するほか、海外の展示会取材も積極的に行なう。

頭上にはドローンが飛ぶ。深センでは当たり前の風景

香港から気軽に行ける電脳都市。現代のアキバ。そんな触れ込みを聞いて、中国・深センに足を運んだのが2016年。実際に訪れてみると、雑居ビルに電子部品をバラで売る店が並び、私がエンジニアだった’90年代のアキバを彷彿とさせる。ただ、ひとつだけ違うのは、並んでいる製品が最新のセンサー類やLEDという点だけだ。

いや、もうひとつ違うことがある。頭上を見上げると、あちこちにドローンが飛んでいるところだ。そう、ここ深センは“ドローンの聖地”でもあり、200社ものメーカーがひしめく。

そのなかでも、“ドローン界のアップル”との呼び名も高いのがDJI(=大疆創新科技有限公司、Da-Jiang Innovation Science and Technology)だ。創業者であるフランク・ワン氏の「空を自由に飛ぶ」という夢の実現を目的に、2006年に創業した。が、訪問した段階ですでに研究開発に携わる人数が約1500人、従業員は5000人に迫る勢いだった。

DJIが本社を構える深センの西側は、半導体やソフトウェアなどの研究開発施設が林立する地域だ。中国南部のエリート校である深セン大学からもほど近い。現代的な建物の中に足を踏み入れると、白で統一されたエントランスに訪問者が溢れていた。歴代の製品が展示されており、中央にガラス張りの会議室がある。機密エリアに入る来客がスマホを預けるロッカーまでデザインされていて、超絶カッコいい。カフェテリアスペースにはヘルシーな飲み物やスナックが用意されていて、まるでカリフォルニアのIT企業のようだ。

2012年に『Phantom(ファントム)』シリーズを発売して以降、毎年、新型が発表されるたびに、飛躍的な進化を遂げている。最新の『Phantom 4 Advanced』では、4Kカメラを搭載し、タブレットにタッチしてコントロールができる。


▲2009年にフライト・コントローラーを発売し、2011年には初代自社製ドローンを発表。2012年にはカメラを搭載したオールインワン機『Phantom』がデビューし、2016年には第4代目が登場。日本では、神戸製鋼ラグビーチームが練習指導に活用して話題になった。


▲プロ仕様の空撮プラットフォームでは、折りたたみ式のカーボンフレームに自在に制御できる高度なフライトコントローラーを搭載。農薬散布用ドローンはモニターで簡単に操作ができて、約30分の連続飛行が可能だ。

高精度なフライトコントローラー。これがDJIがトップたる所以

本社に隣接するテストフィールドで試してみると、初心者でも危なげなく飛ばすことができた。GPSでスタート地点を記憶しているので、万が一、視界から見失っても、ボタンひとつでスタート地点に戻すことができる。あえて壁に激突させようとしても、2方向で障害物を検知して、自動で回避する。個性的なのは、ホバリングした状態のまま、パッドに映し出された画像に映る人物や物体を指定すると、自動で追従する機能が搭載されている。“黙ってオレに着いて来い!”機能と呼びたいが、正式には「Active Track(アクティブトラック)」である。現在、最新となる『Phantom 4 Advanced』では、ボディにチタン合金やマグネシウム合金を奢ることにより、高剛性化かつ軽量化を実現した。カメラには2000万画素の1インチセンサーを搭載し、さらなる高精細映像の撮影が可能になった。


▲本社に隣接したテストフィールドは、大都会深センのスカイスクレーパーを背景にしている。日本と比べると、中国ではドローンに関する規制が厳しくないため、驚くほど自在に空を飛ばせる印象だ。付属のコントローラでも飛ばせるが、パッド上でタッチして飛行計画を立てたり、追従飛行の指示をするなども可能だ。

……と、製品のことだけ説明すると、まるでDJIが単なる高性能ドローンのメーカーだと誤解されてしまうだろう。彼らが突出している理由は、実は独自開発のフライトコントローラーにある。ドローンの心臓部ともいえるパーツで、機密中の機密だ。新開発の姿勢検知システムと複合センサーを融合したアルゴリズムによって、様々な機種を安全かつ正確に制御して飛ばすことができる。最新の「A3プロ」では、慣性を測定するIMUユニットと衛星を用いた測位システムであるGNSSユニットを、それぞれ3基搭載し、独自開発のアルゴリズムで故障診断まで行うなど、念には念を入れたシステムである。

だからこそ、ソフトウェア・デベロップメント・キットを開放して、顧客が自由にソフトウェアやプラットフォームの開発を行うことができる仕組みにしている。他のドローン・ユーザーでも撮影した画像をアップすることができる「Skypixel.com」を運営して、ドローン・コミュニティの育成をサポートしている。なかには、「中華ドローンが個人情報を取得して、軍事利用するのでは?」などと囁く人もいるが、DJIのプライバシー・ポリシーは厳しくて、ユーザーのフライト・データを使うつもりは一切ないという。

最高の技術力を持ちながらも、技術重視ではなく、ユーザー体験を重視したDJIの企業姿勢には敬服するしかない。本社を訪れたあとでは、“ドローン界のアップル”という比喩ですら、DJIを表現するには陳腐に思えてくる。むしろ、ドローン界を牽引するジャイアントといえる存在だ。


▲深センにあるモダーンなフラグシップショップ。店員がカジュアルに話しかけてくれて、「ドローンとは何か?」「どの製品を選んだらいいか?」といった質問に答えてくれる。テスト飛行ができるコーナーもある。販売だけが目的ではなく、最新のファントムを体験し、何ができるか?どう使ったらいいか?というアイデアを顧客とともに考えることを重視している。

 

文/川端由美

※『デジモノステーション』2017年9月号より抜粋