エアコンの稼働状況を確実に把握。スマホ連動学習リモコン『eRemote pro』で生活が便利になるかも?

遠隔で電源オン/オフができるだけじゃないんですよ。

リンクジャパンは、スマホと連携して赤外線で家電の遠隔操作が行えるIoTデバイス『eRemote pro(イーリモート プロ)』を2017年12月に出荷します。室内エアコン用コンセントに挿しての使用が想定されるこの『eRemote pro』。これまでも似たような製品はいくつも登場していますが、今回はひと味違いますよ。

電流チェックでエアコンの動作を確実に確認

家電リモコンの赤外線信号を学習し、スマホアプリから操作できる……と、ここまではよくあるパターンですが、『eRemote pro』には電流センサーが内蔵されており、実際に通電しているのかが確実に確認できるんです。確かに外出先で家電の電源をオンにしても、本当に動いているかちょっと心配になりますよね。でも、通電状況まで教えてくれる『eRemote pro』ならそんな心配は無用。稼働状況に加えて、電力消費量もチェックできるそうですよ。ちなみに専用アプリは、iOS 7.0以上、Android OS 4.0以上の端末で利用可能だそうです。

もちろん操作できる機器はエアコンにととまらず、赤外線リモコンを用いる機器であれば、テレビや照明、加湿器、扇風機、オーディオなどでもOK。天井付近にあることが多いエアコン用コンセントを利用するため、障害物の影響を受けづらく、部屋中の家電をカバーできるとされているのもポイントです。

なお、リンクジャパンによれば、他のプラットフォームとの連携も視野に入れ、APIを提供するとのこと。将来的には音声認識デバイスとの連携で、音声コマンドによる家電制御を実現する計画もあるんだとか。「Hey Siri」や「Okay Google」で、家電を操作できるようになるのかな……? 期待しておきましょう。

文/塚本直樹

関連サイト

『eRemote pro』製品情報ページ
『eRemote pro』プレスリリース