超強力(らしい)クラウドファンディング発の保冷材『YAKET ICE』の実力はいかほど……?

絶対に冷やしたいシーンでの切り札となるか?

うだるような暑さの外出先から帰宅したのに、なぜか家には冷えていない飲み物しかない……今すぐキンキンのビールが飲みたいんじゃ! そんな悲しい体験をしたことがある方って、少なくないんじゃないでしょうか。そんな皆様の乾いた喉を少しでも満足させるべく、缶や瓶を縛り付けて強制的に冷やすグッズ『YAKET ICE』がクラウドファンディングサイトのKickstarterに登場。すでに目標金額の調達に成功しました。

まずは冷凍庫でキンキンに冷やそう!

ぶっちゃけた話、『YAKET ICE』には複雑でハイテクな冷却機構が搭載されているわけではありません。本体を冷凍庫に放り込めば、マイナス15度で内部の液体が凍結。そこに付属のバンドで缶や瓶を固定し、飲み物を冷やすという極シンプルな仕組み。すでに市場には似たような冷却グッズもありますが、『YAKET ICE』は本体がビックサイズで、かつ既存製品よりさらに低温で凍る液体を封入しているおかげで、より効率的に飲み物を冷やせると謳われています。

使いやすい本体サイズ

『YAKET ICE』は類似の既存製品よりも大きめながら、ほとんどの小型家庭用冷蔵庫にも入るサイズに作られているのだとか。また、クーラーボックスの中に縦置きできるなど、様々なシーンで使いやすいように考えられているみたいですよ。

缶や瓶、それにペットボトルの冷却も可能なので、アウトドア好きやビール好きなら、1つは持っておいても損しなそうなアイテムですね。ただ、開発元が「革新的」と大々的にアピールするほど既存製品との性能差があるのかはちょっと疑問かな。一応飲み物を固定するためのバンド(アイスバンド)は特許出願中のようですが、その効果やいかに……?

ともあれ、クラウドファンディングに成功した『YAKET ICE』は、現時点では29ドル(約3200円)の支援で入手できます。製品は2017年10月出荷が予定されているものの、アメリカ以外への配送には対応していないとのこと。その冷却能力を試してみたかったのですが、残念ですね……。

文/塚本直樹

関連サイト

『Yaket Ice』プロジェクトサイト(英語)