シューティングの臨場感アップ!スマホゲーム用“ガンコン”は製品化なるか

かなりリアルなゲーム体験ができそうじゃない?

クラウドファンディングサイトIndiegogoにて、スマホに装着するタイプの銃型ゲームコントローラ(通称:ガンコン)の『PP GUN World’s Most Realistic Cellphone Gaming Gun』が資金調達にチャレンジ中。製品紹介ムービーを見ると、一人称視点のガン・シューティングゲーム(FPS)を臨場感たっぷりにプレイできる模様です。

プレイヤー自身が銃を構えた姿勢で遊べるこのコントローラ、銃身に配置されたジョイスティックや12個の独立するボタンによってゲームの操作ができるのはもちろん、内蔵ジャイロスコープで銃身の向きを検知してのゲームプレイにも対応します。

Bluetoothによってスマホと接続し、当然ながらiOSとAndroidで利用できるとのこと。銃身上部のスタンドには4~6インチ級のスマホが装着でき、ガンコンのグリップ内部に内蔵された2600mAhのバッテリーからUSB接続でスマホへ給電することもできます。

このグリップ部は可変機構を備えており、ロールさせることで銃型からストレート型へのモード切替が可能。通常の手持ち式ゲームパッドとして使うこともでき、実は一台二役なんです。

VRゴーグルと組み合わせればますます臨場感アゲアゲに

スマホとはBluetoothでの無線接続ができるため、スマホ内蔵式のVRゴーグルと組み合わせればVRゲームのプレイもOK。銃身に内蔵されたダブル・リコイル・モーターが銃撃時の反動を再現してくれることもあり、VRならではの没入感と相まって完全にガンマンになりきれそうですね。のめり込みすぎて周囲のモノにぶつからないよう、くれぐれもご注意を。

製品を入手できる出資額は95ドル(1万円強)からで、合計1万ドルの資金調達が達成されれば2017年10月には世界中を対象として出荷が始まる予定です。このパッケージにはサブマシンガン・タイプのグリップやハンドルプロテクターといったオプションパーツや、キーチェーンなどなどの付属品が同梱されることになります。

文/ワタナベダイスケ(編集部)

関連サイト

PP GUN World’s Most Realistic Cellphone Gaming Gun(Indiegogo)