ぱっと見は普通のクロスバイクっぽいスマートな電動アシスト付き自転車『Elbike』

言われなければ電動アシスト付き自転車に見えないかも?

日本ではすっかり見慣れた交通手段となった電動アシスト付き自転車ですが、その見た目はいかにも……といったモデルが多いですよね。そんな常識をくつがえしそうな、普通のクロスバイクのような見た目の電動アシスト付き自転車『Elbike』が登場しましたよ。こちらはクラウドファンディングサイトのKickstarterですでに資金調達に成功しています。

特徴的な前輪駆動方式

ほとんどの電動アシスト付き自転車では後輪にアシスト機能を備えていますが、この『Elbike』はフロントハブ、つまり前輪の中心にドイツのAnsmann AG社製の電動モーターが搭載されているのが特徴。そしてフレームに内蔵されたバッテリーから電力が供給され、車体を前へと引っ張るのです。走行スピードは時速25kmと、速すぎず遅すぎずちょうどいい感じ。またアルミ製のフレームを採用した車体は重量15kgとなかなか軽量です。

スマートなバッテリーシステム

そして、もう一つこの車両の特徴となるのがスマートなバッテリーシステム。フレームから取り外し可能なバッテリーは容量が11.6Ahとなっていて、満充電状態なら通常走行時で80km、最大スピードでの走行時なら50kmの巡航ができるんだとか。バッテリーの充電はACアダプタを使って家庭用コンセントで4〜8.5時間ほどだそうです。

シンプルなコンソールも好印象

ハンドルに取り付けられたディスプレイには走行スピードや走行距離などの情報を表示可能。アシストレベルは6段階から選択できるそうです。

冒頭でお伝えした通り、『Elbike』はKickstarterでのプロジェクトが成立済。現在、公式サイトでは車体販売に向けたメール購読者を募集中です。メール購読者は、KickstarterのEarly Adaptorと同じく通常価格の50%オフとなる871ユーロ(約11万2000円)で購入できるそうです。

ちなみに、車体サイズはスモール、ミディアム、ラージの3種類から選択でき、フレームやフロントフォーク、リムなどを200色以上から選べるそうですよ。

文/塚本直樹

関連サイト

『Elbike』製品情報サイト(英語)
『Elbike』プロジェクトサイト(英語)