Windows 10でキーボードの刻印と違う文字が入力されちゃう時は?「ハードウェアキーボードレイアウト」確認すべし

新しいキーボードで陥りがちな罠

新しく買ったキーボードをPCに繋いだら、キートップに書かれている文字と実際に入力できる文字とが違う……。こんなトラブルは比較的よくあります。これは、日本語キーボードとして認識されるはずのものが英語キーボードとして認識されてしまう、もしくはこの逆に、英語のはずが日本語のキーボードとして認識されてしまうことで起こる現象です。言語の設定を変更して、正しいキーボード設定へと変更してあげましょう。

Windows 10を便利に使う秘技・連載まとめページ

 
まずは「設定」をひらき、「時刻と言語」をクリック。続いて左の「地域と言語」をクリックし、「言語」にある「日本語」部分をクリックします。すると「オプション」ボタンが押せるようになっているはずなので、これをクリックしましょう。あとは、「ハードウェアキーボードレイアウト」でレイアウトを変更すれば完了です。

レイアウト変更後は一度サインインし直す必要がありますから、編集中のファイルなどがあれば保存して閉じておくことを忘れずに。再度サインインした後は、選択したレイアウトへと変更されているはずです。


▲「設定」から「時刻と言語」を開き、「地域と言語」をクリック。「言語」にある「日本語」をクリックして、「オプション」ボタンを押します。


▲オプションの中に「レイアウトを変更する」ボタンがありますので、こちらをクリック。


▲あとは変更したいレイアウトを選び、「サインアウト」ボタンを押すだけ。本当にサインアウトされてしまうので、編集中のファイルがある場合は保存しておきましょう。

【連載企画】 Windows 10を便利に使う秘技
その名の通り、「Windows 10」を快適に使うためのコツをお届けしていく連載企画。あなたのかゆいところに手が届く“秘技”があるはず! 知ってると自慢できるかも!?