ノーベル賞取れるかも?科学知識を教えてくれる博士型ロボット『プロフェッサー・アインシュタイン』

大人の方がハマっちゃうかもしれませんよ?

最近はロボットやレゴなど、いわゆる知育玩具がブームですよね。子供に科学やプログラミングへの興味を持ってもらうにはもってこいでしょう。そんな想いが若干暴走気味(?)な製品が海外で販売されていますよ。かの天才理論物理学者のアルベルト・アインシュタイン風のロボットがアプリと一緒に科学知識を教えてくれる『プロフェッサー・アインシュタイン(Professor Einstein)』です。価格は249ドル(約2万7000円)。対象年齢は13歳以上とのこと。

博士と一緒に賢くなろう

アインシュタインの知能を受け継いでいるというこの『プロフェッサー・アインシュタイン』。Wi-Fiでスマホやタブレットなどと連携させることで、脳を鍛えるゲームや科学的な知識をあれこれ教えてくれるんだとか。それだけではなく、科学や数学、あるいは天気や有名人について会話を交わすこともできちゃうんだそうですよ。

専用アプリの「Stein-O-Matic」では、天文学、物理学、生物学、地学など、広範囲に及ぶ知識が学べます。ロボットへは「Hey Professor, …?」と話しかけると、会話がスタートするんだそう。まるで「Siri」や「Google Assistant」のようなAIアシスタントみたいですね。また、オンライン経由でさまざまデータの追加を予定しているとのこと。専用アプリはiOS向けとAndroid OS向けがリリースされています。

デカめ博士がかわいい!?

博士は身長約37cmとそこそこ大きめで、手足が動くだけでなく、舌を出したり眉毛が動いたりと表情も豊か。内蔵バッテリーを備えており、最大3時間の連続動作が可能とのことです。

個人的にはぜひ『プロフェッサー・アインシュタイン』からロケットの推進方法についてレクチャーを受けたいのですが、残念ながら出荷対象国はアメリカとカナダのみとなんですって。価格もそれほど高くないですし、日本で発売すれば結構人気が出ると思うんですけどねぇ。

文/塚本直樹

関連サイト

『プロフェッサー・アインシュタイン』製品情報サイト(英語)