カモフラ柄でさり気なく、かっこよく。ランドローバー・ディフェンダーのミリタリー系カスタムカー

こんな純正仕様があってもいいんじゃない?

イギリスのロンドンを拠点として活動するTweaked Automotiveは、ランドローバーの四輪駆動車『ランドローバー・ディフェンダー』をミリタリー調にカスタムした『ミリタリー・エディション(MILITARY EDITION)』を製作し、公開しています。大幅に車体を改造しているわけではないのですが、統一感ある外観カスタムはかなり高印象。ディフェンダーをカスタムする場合の参考になりそうです。

シンプルにかっこよさを追求したエクステリア

フェンダーを交換することでワイドなタイヤを履かせ、強化バンパーやアンダーガードを取り付けてより勇ましい印象に仕上がっている『ミリタリー・エディション』。ロールケージで車体強度の向上も図られています。ボンネットの上に備え付けられたスペアタイヤが、冒険心をくすぐりますよね。

カスタム車両の作成に対応しているのは『ランドローバー・ディフェンダー』のバリエーションとなる『ランドローバー・90』や『ランドローバー・110』、さらに車両はソフトトップとハードトップのどちらの仕様でも制作できるそうです。

インテリアは質実剛健に

内装では、ダッシュボードとメーター周りがはいかつい金属製に変更されているのが目を惹くポイント。また、シートもしっかりと体を固定してくれるものへと変更されています。オフロードの走行を考えれば、スポーツ向けシートへの変更はマストなのかもしれませんね。

2つのエンジンが選べるそうです

スタンダード仕様の『ミリタリー・エディション』は2.2リッターのディーゼルエンジンを搭載していますが、オプションとして5.7リッターで430馬力を発揮するシボレー製V8エンジンを選択することもできるんだとか。残念ながら公式サイトに車両価格は記載されていませんが、このカスタムカーに興味がある方はビルダーとコンタクトを取ってみてはいかがでしょうか。

文/塚本直樹

関連サイト

『MILITARY EDITION』情報ページ(英語)