お台場・実物大ユニコーンガンダム立像は9月24日展示スタート。夜間には「デストロイモード」変身も!

角が開閉するだけじゃないみたいです。これは期待!

お台場「ダイバーシティ東京 プラザ」フェスティバル広場にて、現在建造が進められている「実物大ユニコーンガンダム立像」。この展示詳細がついに明らかにされました。正式名称は『RX-0 ユニコーンガンダム Ver. TWC (TOKYO WATER FRONT CITY)』となり、2017年9月24日(日)より展示がスタートします。

実物大ユニコーンガンダム立像 基本情報

立像名称:RX-0 ユニコーンガンダム Ver. TWC (TOKYO WATER FRONT CITY)
(英語表記:RX-0 UNICORN GUNDAM Ver. TWC)
全高:19.7m
重量:49t
発光箇所:50箇所
オープン日:2017年9月24日(日)
住所:東京都江東区青海1-1-10 ダイバーシティ東京 プラザ フェスティバル広場

あの「デストロイモード」への変身ギミックも再現

今回の正式発表では、夜間に行われる演出で「ユニコーンモード」から「デストロイモード」への変身(変形)を可能な限り再現することが判明。「ユニコーンガンダム」の名前の由来である“一本角”の状態から角が開閉するほか、顔のモード変更、肩・腰・膝パーツの展開、そして全身の発光といったギミックが立像に搭載されます。

工事が着々と進んでいたこちらの立像は、組み立て中の姿が「ユニコーンモード」であったことなどから“変身ギミックも搭載されるのでは?”とウワサになっていました(関連記事)。

「実物大ユニコーンガンダム立像」に関してはこのほか、メカニックデザイナーのカトキハジメ氏による新規デカールも追加されること、グランドオープン以降は立像と壁面に映される映像とのコラボレーションが人気の演出「Wall-G」の実施も発表。さらに完成が待ちきれないファンのために、特設フォトデッキの設置(8月26日から)やARを使ったカメラアプリなどのイベントも実施されるとのこと。

『機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)』について

「ユニコーンガンダム」が登場する『機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)』は、『機動戦士ガンダム』から続く“宇宙世紀”を舞台とした物語の新章として、作家・福井晴敏氏による同名小説を映像化したアニメ作品。『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』の3年後を舞台に、主人公バナージ・リンクスが純白のモビルスーツ「ユニコーンガンダム」と出会い、地球連邦軍とネオ・ジオン残党軍「袖付き」との戦乱の中を生き抜く姿を描くといったストーリーです。

なお本作のテレビアニメ版『機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096』は東京ローカルのTOKYO MXでの再放送が決定(→公式サイト)。こちらは2017年8月29日より毎週火曜22:29~23:00の放送となります。

文/柳 雄大

(c) 創通・サンライズ

関連サイト

実物大ユニコーンガンダム立像 公式サイト