アップルのスマートスピーカー『HomePod』、m-flo ☆Takuはどう見る?

m-flo ☆Takuのare you Apple holic ?

音楽界きってのガジェットマニアと称される☆Taku Takahashiが、アップルの話題をディープに語る連載。今月は、英語圏ではヒット製品になっているという「スマートスピーカー」について。この流れは日本でも展開されるのだろうか…。

m-flo ☆Takuのare you Apple holic ? 記事一覧ページ

 

──今回は、いよいよ日本でも本格的に動き始めたスマートスピーカー(☆1)について。☆Takuさんはどのように捉えられていますか?

「音楽」が生活に根付いているアメリカらしい製品だと思いました。仕事で頻繁に渡米するのですが、どこにいても音楽がかかっているという印象。日本ではせいぜいコンビニなどの店内くらいですが、アメリカでは路上や公園などでも、誰かがラジカセなどで音楽をかけています。結果、外を出歩くだけで、今、どんな曲が流行っているかがわかるんです。正直、ちょっとウザくなるくらい(笑)。

☆1 スマートスピーカー

音声エージェント(AI)機能を組み込んだ据え置き型スピーカーのこと。AmazonやGoogleが既に製品化しているほか、国内でもLINEが製品を投入。米国では大ヒットとなっているが「僕の友人ではまだ使っている人はいません」(☆Taku)

──必然的に、スピーカーに対する需要も高まるというわけですね。

日本とアメリカの音楽文化でもう1つ異なっているのが、ラジオの存在感。アメリカのヒットチャートって、いまだにラジオと直結しているんです。だから若い人も積極的にラジオを聴きます。そして当然、こうした放送はネットでも聴けますから、スマートスピーカーがウケているというのもよくわかる話です。

──アップルも独自のスマートスピーカー『HomePod』(☆2)を発表しましたね。他社が既に製品を投入している中、1年以上遅れてしまいましたが、大丈夫でしょうか

『iPod』も『iPhone』も、どれも“最初”の製品ではありませんでしたが大成功しました。『HomePod』にも、そうした成功を引きよせるような革新性を期待しています。昨年末の『AirPods』で感動させられたペアリングの簡潔さのような違いを生み出すことができれば充分に巻き返せるでしょう。

☆2 Home Pod

Siriを搭載したアップル製スマートスピーカー。349ドルと、他社製品と比べてかなり割高だが、iPhoneとの連動性や、音質、聞き取り精度などでワンランク上の性能を誇るとしている。米国では12月発売だが、国内販売は未定。

──スマートスピーカーには、音楽再生以外にも様々な機能が用意されていますが、☆Takuさんはどういう機能に期待していますか?

家電のコントロールができると便利そうです。照明や空調などを家の外から制御できるようにしてほしい。ただ、こうした取り組みはアップルだけではどうにもならないので、時間がかかるだろうなと思っています。

──そうした機能は既に一部は実現されていますが、それをアップル流のUIなどで一元管理できたら確かに生活が一変しそうですね。

後はSiri(☆3)の精度アップに期待。英語版はかなり賢く、機能も豊富なんですが、日本語版はまだまだ改善の余地があります。精度、機能双方を伸ばしていってほしい。

☆3 Siri
 
iOSおよびmacOSで利用可能な音声アシスタント。☆Takuが言うように、英語版と日本語版では機能面に大きな差がある。『Home Pod』の国内投入が遅れるのも、それが原因? ちなみに☆Takuは電話発信などにSiriを利用している。

──『HomePod』が日本で出るのは来年以降になるようですが、☆Takuさんは買われますか?

可能性は感じるのですが、現時点では様子見です。これといって生活を便利にしてくれる機能がないというのがその理由。ただ、block・fmをやっている身としては、早いうちに触っておきたい。いつかはスマートスピーカーで音楽を楽しむのが当たり前になっていくのでしょうから。

──こうした製品がきっかけとなって日本でも音楽がまた盛り上がって行くと楽しいですよね。……さて、今回はもう1ネタ、発表が近付いてきた次世代iPhone(☆4)についても聞かせてください。いよいよ噂が出そろってきましたが、どう感じました?

ワイヤレス充電は便利そうです。USBケーブルを挿すのが面倒くさくて、うっかり充電し忘れてしまったということが何度もあるので。ただ、それ以外の機能、例えば『Pro(仮)』の全面ディスプレイなどは見てみないとなんとも言えません。今、言えるのは、選択肢が3つになってしまって、どれを買えば良いのかわからないということ。マーケティング的にも食い合いになってしまうと思うのですが、そのあたりどういう勝算があるのかが一番気になっています。正式発表を期待して待ちましょう。

☆4 次世代iPhone

9月13日(現地)に発表されるという次世代iPhone。最大の目玉は新たに追加される『Pro(仮)』モデル。前面パネル一杯に表示される有機ELディスプレイ搭載などにより、操作性も大きく変わるのではないかと噂されている。

☆Taku Takahashi(m-flo,block.fm):音楽家、DJ。1998年にVERBALとm-floを結成。個人では加藤ミリヤ、MINMIなどのプロデュースを務め、海外アーティストのリミックスも積極的に行なう。小栗旬主演ドラマ『信長協奏曲』に続き、ドラマ『人は見た目が100パーセント』の劇伴を担当するなど、その活動は多岐に渡っている。自身が運営するダンスミュージック専門インターネットラジオ「block.fm」は開局5周年を迎え、音楽の新たなムーブメントを発信し続けている。

インタビュー・文/山下達也(ジアスワークス)

『デジモノステーション』2017年10月号より抜粋