この家、動きます。一戸建てにタイヤが付いたトレーラーハウス『The Damselfly House』

週末はここで過ごしたい。

決まった場所にとらわれず住むスタイルが広く受け入れられている海外では、さまざまなタイプのトレーラーハウスが存在します。たとえば、今回ご紹介するトレーラーハウス『The Damselfly House』は、一戸建てのような外観だけでなく、広々としたリビングにキッチンまで備えた、まさに“動く家”なんですよ。ちなみに価格は10万4800ドル(約1100万円)だそうです。

タイヤさえ見えなければ普通の家

アメリカはワシントン州オリンピアのZyl Vardosが製作するこのトレーラーハウス。内部の広さは約7.3×約3メートルと広々。オシャレな出窓や庇も取り付けられています。窓の数は13個で、太陽光を取り込む天窓も装備。天井の高さは余裕を持って設計されており、車内に開放感と明るさをもたらしてくれそうです。ちなみに外装の木材はヒマラヤスギとのことですよ。

かなり広めのリビング

リビングには二人がけのソファーが設置され、天井にはシーリングファンと照明が備え付けられているなど、車内(?)とは思えないほどに快適そう。ベッドはフルサイズのメインベッドが1つ、さらにロフト部分にもツインサイズの睡眠スペースが用意されています。また40インチのテレビも置かれているなど、普通の家のリビングとなんら代わりはありません。

キッチン&バスも快適そう

キッチンには高級感のある銅製シンクが2つ、それに1800Wの2口電気コンロを備えています。当然のように2ドアの冷蔵庫もあるので、本格的な調理もできちゃいますね。そのほか水廻りでは、シャワーとトイレを完備。温水だって使えます。

アメリカに行く機会があったら住んでみたい

居住空間の快適さが前面に押し出されている『The Damselfly House』。トレーラーの配送方法は、Zyl Vardosにおまかせするか、自分で引き取りに行くかのどちらかになるそうです。国外配送については言及されていませんが、もし気になるようでしたらメーカーとコンタクトを取ってみると良いかもしれません。

文/塚本直樹

関連サイト

『The Damselfly House』製品情報ページ(英語)