まさかの2階建てキャンピングトレーラー。これってもはや家だよね?

もはや、一家4人とかで住めるレベル……?

これまでも居住性にこだわったキャンピングトレーラーは星の数ほど存在していましたが、これはある意味での完成形なのかもしれません。

以前にご紹介したあまりにも家っぽすぎるトレーラー『Tradition』。こちらを製作していたアメリカのウィスコンシン州ミネアポリス近くのESCAPE TRAVELERは、とうとう2階建てにまで進化したキャンピングトレーラー『ONE XL/ONE』を公開、販売しています。販売価格は大型の『ONE XL』が6万9800ドル(約760万円)、もうちょっと小型な『ONE』が4万9800ドル(約540万円)です。

2階建ての広々設計

『ONE XL/ONE』はキャンピングトレーラーでありながら、なんと車内に階段を備えた2階建て構造。1階にはリビングにキッチン、シャワー、トイレが設置されており、2階には睡眠スペースとロフトが割り当てられています。また車内スペースは全長約9.1×幅約2.6×高さ約4.1メートルと、キャンピングトレーラーながらもかなり広大な居住スペースが特徴です。

あれこれ使える2階スペース

キャンピングトレーラーのロフト部は狭くて息苦しいのが一般的。しかしこの車両の2階スペースは天井高が約1.5メートルとなるうえ、大型の窓も完備。大人が立って歩くのには少しだけ低いですが、そこそこの開放感はあるでしょう。2階は睡眠スペースとしてだけでなく、簡易オフィスや子供のプレイルーム、居室として利用するのもよさそうです。

充実のキッチン設備

キッチンには大型のシンクや本格的なオーブン、コンロ、そして電子レンジが備え付けられ、その隣には2ドアの大型冷蔵庫。かなり長期間の滞在にも対応できそうです。なお、『ONE XL』と『ONE』の差異は車両サイズや内部スペースの若干の違いのみ。『ONE』でも階段つきの2階建て構造や、広々とした2階の睡眠スペースは健在なのでご安心を。

なお、ESCAPE TRAVELERの公式サイトでは『ONE XL』および『ONE』のオンラインオーダーを受け付けています。購入を試みたところ配送国として日本も選択可能となっていますが、これだけ大型のキャンピングトレーラーの配送に対応しているのかどうか、詳細は不明です。

文/塚本直樹

関連サイト

『ONE XL/ONE』製品情報サイト(英語)