気分はロッカーズ!おしゃれでシンプルなカフェレーサースタイル【おバカ乗りモノ大図鑑】

世界には、まだまだ面白い乗りモノがいっぱいある! ここでは2輪・4輪を問わず、思わず「やれやれだぜ」と呆れるほどクレイジーな乗りモノをデジモノステーション編集部が発掘! テイストを真似したくなるカスタム車から一点モノのコンプリートモデルまで、まるっとお見せしよう。

伝統を踏まえたカフェレーサースタイル

1960〜’70年代のイギリスで、夜な夜な改造したバイクでカフェに集い、公道レースを繰り広げていたライダーたち。いつしか、彼らとその乗っていた改造バイクは“カフェレーサー”と呼ばれるようになっていた。低く構えたセパレートハンドルや、後付けのロケットカウルなどが、そのスタイルの特徴で、現代においてもカスタムバイクを仕上げる際の1つの方向性として定着している。

シンプルなスタイルこそカフェレーサーの原点!

Old Empire Motorcycles
The Typhoon

空冷エンジンを搭載したドゥカティの『900SS』をベースに、余計なパーツを取り去り、レトロでシンプルな雰囲気に仕上げられたカスタム。むき出しのエアファンネルや低いライディングポジションはまさに往年のレーシングマシンのよう。シンプルな造形により、ベースマシンの個性であるパイプフレームとLツインエンジンを印象付けることにも成功している。タンクと一体デザインのシートも印象的。


▲メーター周りの造形もごくごくシンプル。


▲エンジンに沿うように配置されたマフラーは、それでいいのか?と思うほど短い。


▲正面から見ると、ハンドル位置の低さがわかる。

 

歴史的に貴重なホンダ『CB550』を現代風にリファイン

Hookie Co.
Black Mamba

1973年製のホンダ『CB550』をベースに、口の中まで真っ黒な毒蛇ブラックマンバをイメージして製作されたカスタムマシン。タンクとエンジンは純正パーツを使うことでベース車の持つバランスは維持しつつ、リア周りは大胆にカットし、車体中央部のデザインを引き立てている。小ぶりなロケットカウルやショートマフラーはカフェスタイルの文脈に沿ったもの。足回りなども純正から変更された部分は少ないが、パーツ交換に頼らなくてもバイクはカッコ良くカスタムできるという好例だろう。ただ、フェンダーがないので雨の日は乗らないほうが良さそう。


▲薄手のロケットカウルや小さなライトなどフロント周りはシンプルで主張し過ぎない作り。


▲キャブレターよりもその後の空間の作り方に注目したい。


▲テール周りの処理も非常にシンプルでありながら美しい。

 

“中免”でも乗れる! ドゥカティベースのカフェスタイル

Diamond Atelier
Ducati Scrambler Sixty2

400ccのL型ツインエンジンを搭載し、普通自動二輪免許(いわゆる中免)でも乗れるドゥカティ『Scrambler Sixty2』をカフェレーサースタイルにチェンジ! ベースモデルはアップハンドルのスクランブラースタイルだが、低いセパハンに交換し、リア周りは大胆にカットすることで軽快な印象に。タンクの高級感ある塗装と相まって、クラシックバイクのような仕上がりとしている。


▲マフラーはかち上げられたショートタイプ。


▲タンクとハンドル位置のバランスが素晴らしい。


▲リアシート周りはスッキリと仕上げる。

 

縦型エンジンのBMWをスッキリしたスタイルに

Hageman Motorcycles
K100RS

ボクサーエンジンのイメージが強いBMWだが、こちらは縦型エンジンの「K」シリーズをベースにカスタマイズした1台。元の車両は大型カウルなどを装着したツーリングモデルだが、カウルやシート周りのパーツを取り外し、シングルシート化することでダイエットに成功。スッキリしたカフェスタイルを実現している。ベースモデルに関わらず、手法次第でカッコ良くなるという見本にしたい。


▲大柄なカウルを取り去り、丸目1灯に。


▲リアシートは大胆にカットしてシンプルな作りに。


▲セパハンに革製グリップを装着。

 

これが『レブル』? イメージを一新したタイ製カスタム

Zeus Custom shop
Rebel Racer Limited
custom of Zeus

元がアメリカンスタイルの『レブル300』だとは思えない完成度! タンク、シート、ハンドルをカフェレーサーのイメージに合わせて交換し、マフラーも水平基調のショートタイプに。特にシートの周辺をスカスカに見せているのが効いているようだ。タイヤをオフロードタイプのブロックパターンにしたのは、ちょっとやり過ぎ!?


▲タンクはカフェレーサーテイストのものに交換。


▲遠目に見てもベース車の面影はない。


▲ショートタイプのマフラーもイメージチェンジに効果的。

文/増谷茂樹

※『デジモノステーション』2017年10月号より抜粋