時速324kmを達成!『ハイパーループ』のポッドコンペでミュンヘン工科大学が大金星

新幹線超えのハイスピードを達成したのはドイツのチームでした!

開発会社のハイパーループ・ワンが時速310kmでの試験走行に成功したりと、今ノリにノっている音速交通『ハイパーループ』。その開発に挑む複数のチームが独自に持ち寄った乗り物「ポッド」を走行させる2回目のコンペティションが行われ、ミュンヘン工科大学のチーム「WARR」が時速324kmでの走行に成功するという大金星をあげました。

今回のテストは2017年8月28日に、スペースXが設置したテストトラックで行われました。テストトラックの長さはわずか約1.3kmながら、内部は実際の『ハイパーループ』の専用コース「チューブ」のように、ほぼ真空に近い状態に保たれていたそうです。

動画を見ると、「チューブ」の中を「ポッド」が凄まじい速度で加速し、最高速に達した後に静止する様子がわかります。これだけの短時間で時速324kmにまで達した後にスムーズな停止ができるということで、最高速のみならずその加速/減速能力にも感心させられますね。

『ハイパーループ』は今後、ハイパーループ・ワンやハイパーループ・トランスポーテーション・テクノロジーズの手により、実際の車両開発や路線の設置が行われます。これまでにもロサンゼルスからサンフランシスコ間アラブ首長国連邦でのドバイでの建設計画が発表されている本計画、今後も現実化に向けて開発がますます進むことでしょう!

文/塚本直樹

関連サイト

スペースX(英語)
イーロン・マスク氏のツイート(1)
イーロン・マスク氏のツイート(2)
イーロン・マスク氏のInstagram投稿