あえて情報を絞ったシンプル腕時計『ICON』は、現代社会へのアンチテーゼなのか

単純に見やすいのがいいですよね。

情報化どころか情報過多といっても過言ではない現代社会。スマホ、パソコン、そしてスマートウォッチから溢れだす怒涛の文字情報の洪水に、若干辟易気味だという人も多いはず。必要最低限の情報しか表示しないシンプル腕時計『ICON』を身につければ、情報過多時代の疲れからちょっとだけ解放されるかもしれませんよ? 製品はシリアルナンバー入りでオーダーメイド生産され、価格は1万1500ドル(約130万円)。2018年第1四半期(1月〜3月)の出荷が予定されています。

時間表示以外、なにもいらない

『ICON』の文字盤はほとんどの部分が黒いプレートで覆われ、設置された小さな窓からは現在の時刻「時」「分」だけが読み取れます。この文字盤なら迷うことなく、時刻を最速で把握できるはず。

高級感ある仕上がり

販売価格を見てもわかるように、『ICON』は単にシンプルなだけの腕時計ではありません。ケースにはポリッシュ仕上げを施されたチタンを採用。風防とバックパネルはサファイアクリスタル製です。ストラップには高級感あるアリゲーター・レザーが用いられ、腕時計本体は水深50mでも動作する耐水仕様となっています。

シンプルイズベストを体現した腕時計

機能に関してはほとんど語るところのないシンプルデザインの『ICON』。その使い方はひと目見ただけですぐにわかるはず。複雑化する現代社会へのアンチテーゼとも言えるアイテムかもしれないですね。

文/塚本直樹

関連サイト

『ICON』製品情報ページ(英語)