熱を視覚化するサーマルカメラ搭載!CATブランドのタフネススマホ『S60』10月中旬に発売へ

プレデターごっこがしてみたいです……!

オンキョー&パイオニアマーケティングジャパンはCATブランドの新型スマホ『S60』を2017年10月中旬に発売すると発表しました。本体にサーマルイメージングカメラを搭載し熱を視覚化して撮影できるだけでなく、軍事レベルの耐衝撃性能や高レベルな防水・防塵規格に対応したこの端末。本体カラーはブラックのみで、オープン価格での販売を予定しています。

熱源を探るサーマル撮影と水中撮影

『S60』は本体に、フリアーシステムズ(FLIR)の「MSXサーマルイメージング技術」を利用したサーマルイメージングカメラを搭載。専用のAndroid向けアプリ「MyFLIR for Cat S60」を利用すれば、上の画像のように熱源をはっきりと見分けつつ、撮影もできます。通常撮影用の背面カメラは解像度1300万画素で、ダブルフラッシュを利用したり水中での撮影も可能となっています。フロントカメラの解像度は500万画素です。

耐衝撃・防水・防塵のタフネス仕様

見た目からもわかるように、強靭なタフネス性能もこのスマホの特徴。本体は米国国防省の調達基準「MIL-STD-810G」、いわゆるMILスペックの耐衝撃性能基準に準拠し、1.8mの高さからコンクリートへ落下させる試験をクリア。

さらに「IP68」の防水・防塵規格に準拠し、本体のロックダウンスイッチをオンにすれば水深5mに60分間浸しても起動できるそうです。ただし、この状態では通話やオーディオ再生は利用できません。濡れた指や手袋での操作が可能な操作モードが用意される本体ディスプレイは、強固な「Corning Gorilla Glass 4」です。

『S60』の基本スペックとしては、OSがAndroid 6.0でオクタコアプロセッサの「Qualcomm MSM8952-3」や3GBのRAM、32GBの内蔵ストレージを搭載。最大128GBまで利用できるmicroSDカードスロットを備えています。ディスプレイは4.7インチ/HD解像度(1280×720ドット)。3800mAhの大容量バッテリーを搭載し、長時間駆動が可能です。またDSDS対応のSIMフリー端末となっており、nanoSIMカードを2枚挿入できます(4G通信利用はどちらか片方のみ)。本体サイズは高さ147.9×幅73.4×厚さ12.66mmで、重量は223gとなっています。

文/塚本直樹

関連サイト

『S60』プレスリリース
『S60』製品情報ページ