こんな映像みたことねぇ! ぐるぐる回して360度映像が撮影できる『Insta360 ONE』

まるでドローンから撮影したみたいです。

これまでも多数の360度カメラをリリースしている「Insta360」が、新型の360度カメラ『Insta360 ONE』を発表しました。本体をiPhoneに接続しての全天球撮影だけでなく、自撮り棒やストラップを使えば映画「マトリックス」風に視点がぐるぐると移動する「バレットタイム撮影」も可能なこの製品、日本での販売価格は4万2999円で、2017年9月9日に入荷予定とのことです。

まずはこの映像をみてくれ!

本体の前後に2400万画素カメラを搭載した『Insta360 ONE』では、360度の4K解像度動画や高画質写真が簡単に撮影可能です。カメラを支持する自撮り棒などを自動消去する機能と、指定した被写体を画面の中心に捉え続ける「SmartTrack」を組み合わせれば、一人でもまるで映画のような映像を撮影できますよ。

このカメラはLightning端子でiPhoneやiPadに接続できる設計ですが、もちろんカメラ単体でも動画撮影は可能。Bluetoothを利用したリモート撮影にも対応します。またカメラには6軸の手ぶれ補正機能が搭載され、傾き補正や傾斜補正などの自己補正の組み合わせにより、安定した動画撮影ができるとのこと。満充電状態での撮影時間は最大70分、撮影した動画や静止画はmicroSDカードに保存されます。

多彩な撮影機能にも注目

『Insta360 ONE』には通常の360度パノラマ撮影だけでなく、120fpsでのスローモーション撮影モードもあり。「FreeCapture」機能を利用すれば、撮影した360度動画から好きな瞬間を1080p解像度の通常の動画として切り出すこと可能です。iPhoneやiPadに接続している状態では、FacebookやTwitterなどのSNSアプリでのライブ配信もできます。

周辺機器オプションも充実

本体下部には三脚用のカメラ穴が用意されており、三脚や自撮り棒はもちろん、ドローンやヘルメット、自動車用の吸盤ベースに接続できます。また防水ハウジングも近日登場予定です。本体サイズは縦96×横37×奥行き25mm、重量は82gです。

文/塚本直樹

関連サイト

『Insta360 ONE』製品情報ページ