実用放送開始前に発売しちゃうぞ!シャープが世界初の8K対応テレビ『AQUOS 8K』を発表

フライング気味に時代を先取りしてきましたね。

まだ当分先のことだと思っていたテレビの8K化ですが、なんとシャープが8K対応の70型液晶テレビ『AQUOS 8K LC-70X500』を発売することを明らかにしました。日本国内での発売日は2017年12月1日になるとのこと。ちなみに日本での8K実用放送は2018年12月の開始予定であるため、本放送スタートにおよそ1年先行しての発売となります。

これまでになかった超高解像度の「8K」

「8K」というと、その画質がフルハイビジョン(1920×1080画素)の16倍にもおよぶ約3300万画素(7680×4320画素)の超高解像度。シャープによれば「肉眼では捉えきれないきめ細かな映像」とされるほどです。4Kでも十分すぎるほどの高画質に思えるなか、さらにハイクオリティな映像が本当に必要なのか疑問に感じるほどですが、放送/映像分野のみならず医療などのプロフェッショナル領域での活用にも期待が寄せられているのだそう。

8K対応チューナーは未搭載。現行のテレビ放送をアップコンバート可能

まだ8K実用放送の規格が固まっていないこともあり、今回の『AQUOS 8K』には8K放送対応受信機(チューナー)は未搭載。チューナーは8K実用放送開始時の発売(別売)になります。そのため、地上・BS・110度CSデジタル放送チューナーは搭載されるものの、8KについてはHDMIを4本使用するという「8K映像対応端子」を1系統備えるのみ。

とはいえ、現行デジタル放送(地上・BS・110度CS)のフルハイビジョンおよび4K映像を8K解像度にアップコンバート表示でき、広色域技術ならびにダイナミックレンジ拡張技術によってテレビ放送や各種映像コンテンツをさらなる高画質な映像で楽しめるとされています。来るべき8K実用放送を待ちながら既存の映像作品を改めて掘り下げるというのも良さそうですね。

希望小売価格はオープン価格とされていますが、実勢価格はおよそ100万円ほどになる見込み。当初月産台数は200台ということで、8K実用放送開始前からじりじりと普及を狙っていくことになりそうです。それにしても4Kだってまだ普及しきってないタイミングでの8Kテレビ発売ですかー。2020年の東京オリンピックは8Kで見るのが当たり前、みたいな風潮になるのでしょうかね。

文/ワタナベダイスケ(編集部)

関連サイト

「8K対応液晶テレビ」 『AQUOS 8K』70型<LC-70X500>を発売(ニュースリリース:シャープ)