カメラお任せの撮影モードが使いやすく進化したエントリー向けミラーレス『OM-D E-M10 Mark III』

使い勝手が向上したエントリー向け「OM-D」

オリンパスからミラーレスカメラの新モデル『OLYMPUS OM-D E-M10 Mark III』が登場しました。その名の通り、『OLYMPUS OM-D E-M10 Mark II』の後継となるモデル。予想実売価格はボディのみが9万円前後、ダブルズームキットが12万円前後(価格はいずれも税込)となっています。発売は2017年9月15日。


▲本体カラーはシルバーとブラック。ダブルズームキットの付属レンズは『M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ』と『M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 R』。

同社のミラーレスカメラの中ではエントリークラスに位置づけられる本機。「PEN」シリーズが女性向けなのに対して、こちらはファミリー向けとなるそう。

エントリー向けとされてはいるものの、モードダイヤルが2つ仕様だったり、タッチ操作対応のチルト式液晶採用だったり、4K動画記録対応だったりと、仕様を見る限りはなかなかのものです。

撮像素子は有効約1605万画素の4/3型Live MOSセンサー。搭載される画像処理エンジンは『OM-D E-M1 Mark II』と同様の「TruePic VIII」。AFはコントラスト検出方式のみですが、エントリー向けとは思えないほど豪華な121点のAFポイントを備えます。連写速度はAF追従で毎秒4.8コマ、AF固定で毎秒8.6コマ。『OM-D E-M1 Mark II』のAF追従で毎秒最高18コマ、AF固定で毎秒最高60コマと比べれば見劣りしますが、十分に実用的でしょう。

そのほか、ボディ内5軸手ブレ補正を搭載するなど従来モデルから継承されている点も多いですが、ダイヤル・グリップ部の大型化や、背面の十字キーに機能が割り当てられるなど、操作性の向上が図られています。

オート〜クリエイティブな撮影が選べる4種類のモードが秀逸

あまりエントリーモデルっぽくないですよという感じでご紹介してきましたが、カメラアシスト撮影モードが充実しているあたりは初心者に優しい印象です。本機に搭載されているのは「AUTO」(オート)、「SCN」(シーン)、「AP」(アドバンストフォト)、「ART」(アートフィルター)の4種類。各モードに合わせた設定画面が電源レバーの横にある「Shortcut」(ショートカット)ボタンで呼び出せるようになっています。ちなみに今回新たに追加された「AP」では、多重露出やHDR、台形補正、フォーカスブラケットなどがワンタッチで呼び出せるように。これまでは設定メニューから呼び出す必要があったので、なかなか便利に使えそうです。


▲「AP」モードから呼び出せる機能。

『OLYMPUS OM-D E-M10 Mark III』の主な仕様
・レンズマウント:マイクロフォーサーズマウント
・撮像素子:4/3型Live MOS センサー
・有効画素数:約1605万画素
・ファインダー形式:アイレベル式OLEDビューファインダー、約236万ドット
・ISO感度:200〜25600まで基準感度・上限感度を変更可(オート)、200〜25600(マニュアル)
・手ブレ補正機能:ボディー内手ぶれ補正(撮像センサーシフト式5軸手ぶれ補正)
・液晶モニタ:3.0型 可動式液晶
・本体サイズ:W121.5mm×H83.6mm×D49.5mm(突起部含まず)
・重量:約410g(付属充電池およびメモリーカード含む)
・静止画ファイル形式:RAW(12bitロスレス圧縮)、JPEG、RAW+JPEG
・静止画画質モード:RAW、RAW+JPEG、JPEGエクストラファイン、JPEGファイン、JPEGスタンダード
・動画ファイル形式:MOV(MPEG-4AVC/H.264)
・インターフェイス:USB Micro-B、Micro HDMI など
・通信機能:Wi-Fi
・静止画撮影可能枚数:約330枚


▲OM-Dシリーズでは初めて純正のボディジャケットが用意される。

文/こばやし☆なおき(編集部)

関連サイト

『OLYMPUS OM-D E-M10 Mark III』製品情報ページ