漆黒のオラオラ系カスタムバイク『The Dark Side』が俺に輝けと囁いている件

お兄系ファッション雑誌もビックリの「ブラック愛」に満ちた一台。

ベトナムに所在するバイクビルダーのBandit9 Motorcyclesは、クルーザースタイルのクールなカスタムバイク『The Dark Side』を販売しています。「男は黒に染まれ」と言わんばかりにブラックで統一された、完成度の高いスタイルが特徴と言える本車両。あまり降雪のイメージがないベトナムなのに雪が降っちゃうくらいのクールさです。

ロー&ロングのいかついアイツ

『The Dark Side』はゆったりと跨って乗車する、いわゆるクルーザータイプの車両。走行している動画を見ると、若干前傾した乗車姿勢は体への負担も少なそう。また飛行機などのエアロダイナミクスを参考にしたとされる流線形のデザインが、快適な走りを予感させます。

57.6馬力を発揮する750ccの水冷60度Vツインエンジン「RevX」を抱え、車体前部のLEDヘッドライトや後方のLEDブレーキランプが漆黒の車体を鮮烈に彩ります。前後ホイールのサイズは16インチで、いずれもディスクブレーキ装備。車体の全長は230cm、重量は229kg。さすがクルーザータイプの車両だけあって、どっしりと重量級ですね。

このライダー、どうして銃を持っているのかしら……

9台が限定生産されるという『The Dark Side』。公式サイトでの販売価格は3万2000ドル(約350万円)となりますが、なんと車両価格には国際配送のための費用が含まれています。つまり公式サイトでポチれば、後は待つだけでこの漆黒のバイクがあなたの自宅にお届けされるというわけです。たぶん。決して安くはない車両価格ですが、そのインパクトに魅入られてしまったらもう購入するしかないでしょう。

文/塚本直樹

関連サイト

『The Dark Side』製品情報ページ(英語)